XXXTENTACION – Rebirth 日本語訳

2016年にXがプリスコープでライブをした音声にBGMをつけた曲。

なんと、この時から彼は自分を死を予言していたのだ。

Pay attention to what you’re doing in your life ‘cause your life is right in front of you,

君が君の人生の中でやっていることには気をつけな、なぜなら君の人生はちょうど君の目の前にあるのだから。

everything you need is right in front of you.

君が必要としている全てはちょうど君の目の前にある。

Even if you’re broke, even if you’re broke, dead broke,

例え君が貧乏でも、例え君が死ぬほど貧乏でも

it’s because it’s supposed to be like that and everything

なぜならそれはまるで, 全てになるはずだから

– the people who struggle the most or get it the hardest will succeed in the end, I promise you.

一番苦労している人々や一番頑張っている人々は最後には成功するんだ、君に約束するよ。

You will not have the hardest life forever.

君は永遠に辛い人生を送らないんだよ。

Everything will come to you, what you deserve will come to you.

全ては君のところにやってくる、君のところにやってくる価値があるものがやってくる。

And if I end up getting shot and killed for what the fuck I’m doing,

あともしオレが、オレがやったことで撃たれて殺されたとしても、

or if I end up getting my ass beat at some point in time, or, or,

またはもしオレがいつかやられて終わったとしても、または

nigga, if shit get hard on me, it’s because I deserve it.
That’s point-blank-period.

それがオレに衝撃を与えたとしても、何故ならオレはそれに相応するから。

Everybody will get a death that’s – everybody will get a death that is deserving, everybody will get a life that is deserving, everybody

みんな死ぬんだよ、みんな相応する死を遂げるんだよ。
みんな相応する人生を生きるんだよ、みんな。

– you will get what the fuck you deserve.

君は君に相応するものを得るんだよ。

Karma, point-blank-period.

運命。

XXXTENTACION 名言

『君に相応しない人たちがいる。彼らは君のレベルの誠実さや愛に準備ができていないんだ。いつも覚えておかなきゃいけないのは、みんな君みたいに育てられていないことだ。みんな君みたいにピュアなハートやいい心をもっていないんだ。みんなが君に一番の関心をもっているわけじゃないし、みんなが君に成功してもらいたいと思っているわけじゃないんだ。』

facebookの過去の投稿より引用

 

 

XXXTENTACIONの息子の母親がインタビューに答える

メディアで取り上げられてからも、一切その姿を公に出さなかったXXXTENTANTACIONの産まれた息子、Gekyume(ゲキューム)の母親であり、Xの彼女であったJenesis Sanchez(ジェネシス・サンチェス)さん(20)。

そのジェネシスさんが産後すぐに行ったと思われるインタビューが公開!

亡くなる2週間前に赤ちゃんの存在を知ったX

ゲキュームは男の子の名前用にXが選んだもので、女の子だった場合はXiorra(ジオラ)という名前も決めていたという。
(今のエコー写真では性別がわかるのは妊娠5~6ヶ月頃)

XiorraはXが好きだったゲームのKingdom Heartsの異なるキャラクターから、2つの言葉を組み合わせて名付けた名前だという。

初産だったジェネシスさんは陣痛に26時間耐えて産んだ。

Xとの関係

Xとジェネシスさんの交際は2018年の1月からだが、お互いの存在は数年前から知っていたという。

外出をする際に一切変装をしなかったXは、外に出ると人から気づかれるという理由で二人は家で過ごすことが多く、テレビゲームをして遊んでいたことが多かったという。スーパーに出かける時は真夜中の時間を選んで行っていたそう。

また、ジェネシスさんはゲキューム君に父親のXのことを嘘なく教える』という。

Xと過ごした思い出などを話しながら、父親のXについて教えていくという。

首にJahsehとXの本名をタトゥーで彫っているジェネシスさん。

SNSも一切やらずに子育てをしており、インタビュー中の落ち着いた話し方から既にいい母親像が見受けられた。

デンゼル・カリーXXXTENTACIONとの関係

Denzel CurryがXXXTENTACIONの死後、Xとどういう関係だったか語っているインタビュー。

葬式前にはXに関するタトゥーも彫ったデンゼルだが、動画の最初で彼がジェスチャーしているように、Xとの関係は上がったり下がったりだったということ。

XXXTENTACIONの葬式にて。

しかしXが亡くなる前、2人の関係はいい方向に進んでいたということ。

「Xは自分自身と戦っていた」と話すデンゼル。

デンゼル曰く、「Xと初めて会った時はクールだと思った」ようで

Xと会った当時は「オレたちの関係は安定していた」とのこと。

Xのことを訴え続けたジェニーバアヤラと裁判の状況になったとき、「Xはオレとの間で荒れ狂った」そうで、

お互い相手のことを根にもっていた関係だったよう。

亡くなる前最後にXと話したときは、お互いを悩ませたことについて話し合ったそうだ。

『Xとトラブルを避けるようにしている』と別のインタビューで話したことも。

今ではXが亡くなって半年以上が経った今でも、デンゼルはXの曲を自分のコンサートで流し、トリビュートを送っている。

先日のデンゼルの来日公演では、#ImSippinTeaInYoHoodとLook At Me! を流して会場を盛り上げてくれた。

 

XXXTentacionを訴えたGeneva Ayalaの人格

最初から結論を言います。

私は散々このXXXTentacionの暴行疑惑の件について多大な時間を惜しんで調べて参りましたが、本当にXがやったのか、そうでなかったのかという確実な証拠や真相を掴むことは不可能だという結論に辿り着きました。

証拠がないので、確実にやった、やっていないとはもう断言できない、というのが結論です。これ以上調べることはもう不可能です。全て手を尽くしました。

「~らしい」と、当時彼ら2人がどういう関係にあったかということを知っている人間から話を聞くことしかできないのです。私たちXの友人でも知り合いでもなかった人間では。

ですが、Xを訴えた原告Geneva Ayalaに疑わしい部分もあり、Xの人格とGenevaの人格を見て、どちらが信用性があるか、どちらの言っていることの方が信じられるか、それを私たちが判断して信じるしかないのです。

Geneva Ayalaは統合失調症?

被害妄想が激しく、病的な虚言症の疑いがあるGeneva Ayala(ジェニーバ・アヤラ、元交際相手)は、日本人から見たら何もわからないかもしれませんが、英語が読める人から見れば誰もが頷く病んでいる人でした。

自殺をしたいとSNSで騒いだり、薬を飲んで吐き出そうとしている動画まで。

閲覧注意

X以外にも過去に付き合ったことがある男性に対して、暴行の容疑で訴えて刑務所にいれようとした疑惑もあり、1番被害妄想が強いのが会ったことがないSNSでやりとりをしている男性に対しても「あんたは女性暴行魔だし、刑務所に閉じ込めてやるから。」

とリプを返した件。

Xが暴行をしていないことを一度は認めた

これはGeneva AyalaのInstagramの前のID、bloodsuccaでやりとりした時のDM。
(今でもTwitterでの名前はbloodsucca)

この中でGenevaはXを暴行で訴えたことに対して、「Xは暴行していないわ」とXの暴行の無実を認めているのだ。

どうやら、このDMをしたお相手はGeneva Ayalaが過去についた嘘についてInstagramで投稿したらしく、そのことについてGenevaが『投稿を消して』というメッセージから始まる。

G『投稿を消してよ、お願い』

相手『何で?どんな嘘でくだらないことかについてただ投稿しているだけじゃん

G『自殺してやるわ。何で人々は私を1人にしてくれないの?私何が悪いことをやったの』

相手『お前はJahseh(XXXTENTACION) に嘘をついただろ。お前は超狂っている』

相手『わからないけど、お前が嘘をついていることは知っているんだ。お前は同じことを2016年にジェラルドに対してやったんだ』

相手『お前はXが騙して、Xがお前を殺そうと脅したと主張したと思ったんだろ、Xが地球上で一番親切な人だとお前が知った時に。ジェニよ』

G『あなたストーカーだわ、すごく嫌なやつね。私の人生を脅さないで』

G『あなた私のことを殴るの?もうあなたはいいわ、男なんてクソよ、私の人生を2度と脅さないで』

相手『君の話していることは一体なんだよ、お前薬中かよ』

G『あんたを投獄してやるわ、投稿を消しなさいよ、女性の暴行魔

相手『どうぞやれば。オレはフロリダ(XもGenevaも住んでいる州)にも住んでいないから。やってみろよ』

G『あんたの音楽はゴミだし、あんたのアカウントもゴミだし、あんたは女性暴行魔だし、刑務所に閉じ込めてやるから。投稿を消しなさいよ』

相手『いや、オレの投稿は事実だよ。』

相手『君が、Xが暴行したり何かされると怖がっているから?』

G『いや、彼(=X)は私に暴行してないわ』

相手『どういう意味だよ、暴行していないって?まるでXが君のことを殺したかったみたいにシーンを作ってさ』

G『彼(=X)は(暴行)してないわよ』

相手『してないってどういう意味だよ😂

G『私自殺したいの、ごめんなさい』

ここまで読んで、Geneva Ayalaがどれだけ不安定で、病んでいるかおわかりいただけたと思う。

Xが亡くなったあと、この件について「私は嘘をついていなかった」と言ったり、不安定なのか言っていることの辻褄が合わないのがGenevaである。

こんな人物の主張を信じるか、暴行事件についての発言はさておき、普段から言っていることの辻褄が合っていたXのどちらを信じるかだ。

Xが普段どのような発言をしていた人物だったか知るにはこの記事を読むことをお勧めする。

XXXTENTACIONが自らの精神面や育ち、家族について語る

Genevaは何故このような人格になったか

それは彼女の不遇な家庭環境や育ちにあった。

母親は子供に興味を示さず、父親も忙しくて構っている暇がなかったという。

Vic Mensaが XXXTENTACIONを死後に批判

BET AWARDSでVic Mensa(ヴィク・メンサ)がXXXTENTACIONが新人アーティスト賞を受賞し、Xの母親のクレオが代わりに表彰台に立っている時にXのことをディスったと報じられた。(動画はないため、証拠はない)

それに対してVic MensaはXの母親に向けて、Xに対する追悼を捧げながら、『女性を守れ』とこう批判

実際にVicはインタビューで彼女の首を締めたことについて聞かれると、一旦黙りこんでから『でもそれはストーリーの始まりでしょ』と答えている。

Trippie ReddはVicとケンカしたいと話している。

Vicのコメント欄には死後になってXのことを批判したことに対しての批判の声が相次いでいる。

Soldier Kidd – SAD! 和訳~殺人犯と疑われた後

XXXTENTACIONが銃殺された後、事件現場に近くいたことと身に付けているものが犯人に似ていたということが原因で、Soldier KiddがXを殺したというデマがメディアを通して広まった。

SoldierはInstagramにて特定され、言われもない誹謗中傷を受け、Instagramのコメント欄を全て非表示にしてしまう。

書かれたコメントの数々

『お前がXを殺したんだ』

『だから、君がXを殺したの?』

『お前らはクソだ、お前らがXを殺したんだ』

『殺人犯』

『お前がXXXを殺した、ファック・ユー』

『地獄で腐れ』

『君が殺したの?XXX』

『オレたちはみんなお前が殺人犯だって知っているんだよ』

結局別の殺人犯が4人捕まったが、未だにXの殺人犯というイメージが消えないSoldier。

そんなSoldier Kiddが XXXTENTACIONのSAD! をリミックス。

Intro

Triple-X

トリプルX

You said you was finna ride to the end, c’mon

お前は最後に乗ると言っただろ、来いよ

Triple-X, c’mon, c’mon, yeah
Yeah, yeah, yeah

トリプルX、来いよ、来いよ、イェー、イェー、イェー、イェー

Chorus

I’m an X but I’m bangin’ with the Z’s

オレはXだけど、ギャングと関わっていてZ(薬物・睡眠薬)と関係があるんだ

自身の作品のトリプルXから、『オレはX』と言っていると思われる。

And I’m in these streets and you niggas TMZ

オレはストリートにいて、お前らはTMZ(ニュース報道陣)

Mama called, said I seen you on TV

母親が電話してきたんだ、オレのことをテレビで見たって

XXXTENTACIONの銃殺後、Soldier Kiddが疑われてしまい、テレビで報道されてしまった。

Talkin’ Channel 5, told her I want be on MTV

チャンネル5(テレビ番組)で話していて、オレは母親に『オレはMTVに出たい』と伝えたんだ

They done took my life, they hate to see me breathe

あいつらはオレの人生を奪って、あいつらはオレが息をしているのを見るのが嫌なんだ

But I ain’t never died, I stood right on my feet

でもオレは1度も死んでいない、自分の足ですぐ立ったんだ

Yeah I stood right in the D with a Glizzy right on me

あぁ、区域(?)の中で(Shy Glizzy率いる) Glizzy Gangと一緒にすぐ立ったんだ、オレに賛成して

But I can’t bust it on IG,

でもInstagramで標的をとらえることはできない

bust me out the industry, c’mon

オレを業界で突然バスらせてくれ、カモン

Xの殺人犯と疑われたことから、Soldier KiddのInstagramに非難や疑いのコメントが殺到。Soldierもそれに伴って一時期Instagramの投稿のコメント欄を全て非表示にしてしまった。

誰がSoldierを犯人だと決めつけたのか、Instagramで標的を定めることはできない。

Soldierもこの件について世間に対して謝罪を求めた。その不名誉を得たことも含めて、代わりに音楽業界でバズらせてほしいと言っているのかもしれない

Verse 1

Ayy, you niggas weak,

エイ、お前らは弱い

I need business for a weak, c’mon

(法律、国家の)支配力があまりないビジネスが必要性なんだ、来てくれ

I don’t tweet but you know a nigga tweak

ツイートはしないけど、あいつは薬でイカれたやつだって知っているだろ

Tryna stay positive but my heat ready to beat

ポジティブでいようとしているけど、オレの感情の激しさは勝つ準備ができている

Nigga I ain’t losin’ shit, this a life I gotta cheat

オレは失っていないんだ、これはオレが上手く逃れなきゃいけないいけない人生なんだ

This the time I gotta beat, ain’t no I, I’m a G

これはオレが勝たなければならない時なんだ、オレは違う、オレはギャングスタだ

I’ma ride ‘bout my jit, I’m too fly for these streets

オレの仲間の勢いに乗っていく、このストリートではオレはイカしすぎている

I can show you all the shit that you ain’t never seen

お前らが1度も見たことがないものを見せることができる

Every soldier that I’m with,

オレと一緒にいた全ての戦士

they done crucified our team

あいつらはオレたちのチームを酷評し終えた

Lord you know we only kids,

神よ、オレたちは子供だけだと知っているだろ

地球にいる人間は全員神の子だと。

how they come and take our dreams?

どうやってあいつらが来てオレたちの夢を奪うことができるんだ?

I been feelin’ loud as shit, louder ‘til I gotta bleed

ずっと最高に無配慮で耳障りに感じている、オレが血を流さして、ひどく心身ともに痛まなければいけなくなるまで、もっと耳障りになると感じてきた

Xの殺人犯だと疑われ、その件に関するSNSのコメントなどが耳障りに感じてきた。

I been tryna murk the kid but never caught him in the street

子供を殺そうと試してきたが、あいつを
ストリートで捕まえたことは1度もなかった

I’ma die about this shit before they take my pride from me, c’mon

あいつらがオレからプライドを奪う前に、これに対してオレは死んでやるんだ、来いよ

Chorus x 1

Verse 2

It ain’t nothin’ ‘bout the fans, it ain’t ‘bout no Instagram

ファン以外何者でもない、Instagram以外何でもない

This was what I worked for ever since I was ten

これがオレが10歳の時から働いてきたことだ

All the nights I was up tryna find a way to win

一晩中オレは勝つための道を探そうと起きていたんだ

All the nights I was prayin’ never outweighed my sin

一晩中オレは自分の罪が重くならないよう願っていた

How could you sit and pretend?

どうしてお前は座って振る舞えるんだ?

what you doin’ for your man?

お前の仲間に何をしているんだ?

This the life I chose to rip, I do this for the Soldier Kidd

これはオレが盗むことを選んだ人生だ、Soldier Kiddのためにこれをやっているんだ

All the youngins just like me, tryna make it out the bricks

薬物を売ってこの状況から抜け出そうと試しているオレみたいな全ての若者よ

For all my youngins CD who had to ladle through this shit

これ(薬物)を通して金をたくさん生み出さなければ全てのオレの若い仲間たち、落ち着けよ

Chorus x 1

King Of The Dead 日本語訳 和訳

キング・オブ・ザ・デッド

『死の王』という意味

Verse 1

Ay pick up the pace,

テンポを上げるぜ

tell ‘em why I ain’t find no haze

何でオレがもうろうとしないのか、あいつらに言うんだ

Indeed I am ready, my outfit in vain

確かに準備はできている、無駄なオレの服

The needle in my vein,

ニードルがオレの静脈の中に

もしかしたら死刑の注射を表現しているかもしれないとのこと。

I’m falling asleep

オレは眠りに落ちる

King of the dead, I sever your head

死の王、オレがお前の頭を切断する

When shit touch the river, my reign will be fed

最低なやつが川を触った時、オレの支配が与えられる

I touch the sky and bring life to the dead

空にさわって
人生を死にもっていく

I watch my demons become super saiyan

オレの悪魔が超サイヤ人になるのを見るんだ

Hook

Oh, I’m not an orphan,

あ、オレは孤児じゃないよ

父親はXが5歳の時に刑務所に行き、肝心の母親はXの世話をを親戚に任せ、育児放棄をしていたこともあることから。

death is my importance

死はオレの重要なものだ

Rush, without a soul,

急ぐ、魂なしに

many will fold, feeling my bones

多くの人々は引き下がり、オレの骨を感じる

I say again

また言うよ

× 2

Interlude 合間

Found this out in Sweden, a while ago

ちょっと前にこれをスウェーデンで見つけたんだ、

It’s like, the more I explore the song, the more…

まるで、オレがもっと曲を探ると、もっと…

I explore different sounds, period

違うサウンドを探る、ピリオド。

It’s like the more I fall in love with making music

まるでもっと音楽を作ることに恋をしたみたいに

It’s nice, actually

素敵だね、実際に

Verse 2

I’m out my mind,

オレは気が狂って

see fear in your eyes

不安が君の目の中に映る

I’m sick, I despise myself again

病んでいる、また自分のことをひどく嫌うのさ

The tears never come,

涙が全く出てこない

my body is numb

体は麻痺して

I feel like a god amongst the men

まるで、この中でオレが神のような感じがする

Cut out my eyes,

オレの目を切り取って

feed me with lies that I don’t never have to see again

もう2度と見ることない嘘を与えてくれよ

I feed the hate,

オレは憎しみを与える

I feed the truth,

真実を与える

I give the pain to the youth

若者に痛みを与える

Fuck the devil for your wealth,

君の財産にとって悪魔はクソだ

pistol chilling on my shelf

オレの棚でピストルが冷えている

I control my own death,

自分自身の死をコントロールする

I don’t need no fucking help

オレは助けなんていらない

Outro

Found this out in Sweden

これをスウェーデンで見つけたんだ

The more I explore, the more I fall in love with the music I make

もっとオレが探ると、もっとオレが作った音楽に恋に落ちる

XXXTENTACION “SAD!” にまつわるエピソード

SAD!のミュージックビデオのコンセプト

あれは前の自分を壊したオレだ

みんな金髪と黒髪時代のオレを攻撃していた

この興味をそそるマグショットと一緒に

 

その出来事は、本当は自分は内なる素晴らしい人だと気づかせてくれたんだ

オレはその素晴らしい人格を壊して、悪いと理解される誰かに変わってしまったんだ

でもオレは内側(心)が悪い人間ではなかったんだ

オレは外見だけ悪い人間だったんだ

愛車のBMWの音をサンプリング

Xが所持していたBMWの音をサンプリングしていたと見れらる。

まさか、この車の中で撃たれて亡くなるとは知らずに…。