Denzel Curry – Taboo Performances

今と10年前のシーンの違い

何故このサイトを立ち上げたか。

元々は2017年にX(XXXTENTACION)という珍しく音楽界の救いであるような存在のアーティストがメジャーに出てきたことがきっかけで、Xのサイトを始めたからだ。

それまで私はメジャーなシーン、つまり流行を全く追っていなかった。

何故か。

流行りの音楽には、自分が求めている音楽がないから。

もっと評価されるべきアーティストがチャートに上がらなかったからである。

つまり自分的には過大評価されているような曲やアーティストばかりチャートに上がっていると思った。

あれだけ流行の音楽を追っていた自分が、流行のシーンをつまらないと思い始めた。

そして現在2018年。

その音楽界の救いと思っていたXが亡くなった。

10年前は出てきたばかりでやっている人さえ少なかったSNSがメジャーになり、SNSで釣り投稿や、かつてバカッターと呼ばれたような注目を集めたいがために撮った『バカ』なことをしている動画の投稿が増えた。

今シーンにいるLil Pump, 6ix9ine, Bhad Bhabie, (ちょっと消えてはいるけど)BoonKなどは、その『SNS』やインターネットで注目を得、その結果clout(クラウト・反響)を得たからこそ売れているのではないかと。

Bhad Bhabieは元々テレビ番組で話題になってから音楽活動を始めた者だ。

BoonKはInstagramでアホな投稿ばかりしている結果有名になり、そのおかげで曲が聴いてもらえるようになった。

Lil Tayもそうだ。

勿論曲もいいから、SNSの効果もあってバズっているのだと思うけど、

本来逆じゃないのかと。

10年前までは音楽だけで勝負だった。

音楽とマーケティング、大手レーベルと契約して売り込んでもらう、ラジオでプレイしてもらう

それだけだった。音楽だけで評価されていた。

けど、今は違う。

勿論SNSをあまりやっていなくてもチャートに上がっているアーティストもいるから全員とは言えないが、

この時代の売り方やバズり方には正直落胆している。

Xが亡くなったことが原因で、またメジャーシーンが元に戻ってしまった。

自分がもっと評価されてほしいと思うアーティストはまだ本格的にはメジャーにならない。(Krizz Kaliko, Denzel Curry, Zillakami Wifisfuneral, NF, Trippie Redd ←売れてるけどもっと評価されていい)

そんなTrippieも釣り投稿が多いのだけれども、まだまだメジャーにはならない。(何故か)

2000年代が青春時代だったので、10年前の音楽シーンが純粋に恋しくなる。

音楽だけで評価されていた時代に戻ってほしい。

元々アンダーグラウンドのシーを追いながら英語を独学した者なので、どうしても好きになる&取り上げたくなるのはアンダーグラウンドのアーティストになってしまう。