ハサウンは自分を大きく変えてくれた人

ハサウンと私は未だに実際会ったことがない。

こういうコロナの状況だから会いたくてもなかなか会えないのだ。わかるでしょ

そんな彼もそろそろこっちに来てくれる準備をしてくれている。

私はまだ会ったこともないのに、ここまで私を良い方向に変えてくれて、私を楽にさせてくれて、私を本気で幸せにしてくれる人に初めて会った。

まだ会ったこともないのに、彼は私が26年間生きてきて出会ってきた人の中で一番尊敬できる人物だ。

彼と会ったら泣きまくるだろうな。その度に彼は『泣かないで』と言ってくれるはず。

精神的な病気を患っていて、精神障害手帳も持っているから、自分のことを精神障害者だと思っている私に向かって

彼は

『自分のことを見下すのをやめて』

『君はもはや障害者じゃないから』

『君はすごく頭がいいから』

と言ってくれた。

私は家族から虐待や差別、学校ではいじめを常に受けて育ってきたから

今まで自分を見下していたことに全く気づかなかった。

だって両親でさえも私のことを見下して、ずっとえこひいきしてきたのだから。

学校でもいじめられ、自分のことを見下してしまうのは仕方のない、自然なことだった。

その次に彼は

『自分に親切になって』と私に教えてくれた。

こんなことを教えてくれた人は、私が26年間生きてきて彼以外誰もいなかった。

涙が溢れた。

今まで誰かに『自分のことを大切にして』とは言われてきたけど、自分を大切にする方法なんて知らなかったし、ずっと両親からも、親戚からも、同級生からも、交際相手からも大切にされてこなかったから

どうすれば自分を大切にすればいいのか

自分は大切にするべき存在なのか

全くわからなかった。

まだ会ってもないのに、彼を人生のパートナーとして選んでいるのは

そういう経緯があるから。

彼が私の好きなラッパーだから

彼がそういう職業をしているから

私が黒人タイプだから

じゃないんだ。

ずっと孤独で苦しんできて

愛情不足に苦しんできて

10年間もほぼ毎晩一人で泣いていた私を

彼の愛情で包み込んでくれて

私が泣いている時でさえも私を笑顔にさせてくれて、

私を楽にさせてくれたのは彼しかいないよ。

彼がこの職業をしていなかったとしても、彼が黒人じゃなかったとしても

彼と出会っていたら、絶対彼を選んでいたよ。

誰よりも愛してる。

Lil Peepは実は XXXTENTACIONを嫌っていた

XXXTENTACIONとLil Peepがそれぞれ残した音源を繋ぎ合わせた新曲の Falling Downが公開された。

XはPeepが亡くなった後に追悼し、『ザナックスをやめよう』と呼びかけていたが、

実は二人は一緒にコラボしたこともない。しかもPeepは生前にXのことを嫌っていたという。

じゃあ何故?

Xのことを暴行事件(正式には原告の被害妄想によるでっち上げ、つまりXは暴行をしていない)のことで嫌っていたという。

ということだが…

Xはマコーネンから聴いてバースを書いた
https://twitter.com/pdp_hkp/status/1043439344399179776?s=20

そしてXとPeepのパートを繋げたのだ。

Peepの友達によると、このコラボには反対。

Peepとしてはどうなのだろう。

自分が生前に残した物を、自分が亡くなった翌年に亡くなった同業界の嫌いなアーティストのパートと繋げられて、発表された気持ちは。

勿論これはXの母親とピープの母親が公開することを決めた曲であるが。

もしかしたらピープは自分の作品を嫌いなやつに台無しにされたと天国で怒っているかもしれない。

この事情を知らずに、Xが亡くなったあとにピープとXが一緒にいるファンアートも数えきれない程公開されたのだが…。

Xがピープに対して誤解を解き、天国で仲良くしていることを願うばかりだ。

King Vvibeは人を憎まない。みんなを愛している

私の将来の旦那です。(これは自慢とかじゃなくて、本気です。)

彼と家族になることを本気で2人で考えています。

アメリカで止まない警察による黒人の殺害。

Black Lives Matterのためにデモをすることを批判し、黒人は人間じゃなくて動物だ!なんて平気でSNSで投稿している日本に住んでいる子持ちの母親を見かけ(同じ母親としてあり得ない)、日本人はいつまで経っても人種差別がわからない愚かな民族だと呆れ、彼に『絶望している』と送ったところ、

すごい言葉が返ってきた。

これで彼がどれだけ良い人か、人柄がわかるだろう。

『(人種差別の)状況はそのうち良くなるよ。約束する』

『オレはみんなを愛しているし、いつもみんなを愛するよ』

『例え人々がオレのことを嫌いと言っても、そのことについて触れて、話すことは絶対にないんだ』

『憎しみは強い言葉だ。だからみんなを愛しているし、愛はとても強いんだ。』

『(私に向けて。)誰かに、君の弱みを彼らの利益にさせるようなことは絶対にさせるな』

『戦いに挑んで、例えどんなことがあろうと君が愛するものに向かって立ち上がることを絶対にやめるな』

『オレはたったの24歳だけど、たくさんのことを自分の人生で見てきたんだ』

つまり、彼は彼のことを人種で差別する人さえ憎まないのだ。

彼のことを知り始めてから3ヶ月経って気づいたことだが、

例え彼は人種差別的なことを言われても怒らないのだ。

人種差別的なことを言われたときは、君のことを嫌わないよ、君のことを許すよ、とさえ言っていた。

また、誰かとの間にトラブルがあったとしても、その人を嫌うことはしなかった。

私とトラブルがあった時も、トラブルがある度に『君のことを許すよ』と言われたのだ。

憎しみという感情を抱くのは自分のエネルギーを無駄にしてしまうし、何もいいことは起こらないということをわかっているからだろう。

世界を見ると、年齢関係なくあまりにも自分よりバカげた人が多すぎて、うんざり。

彼のように心から尊敬できる人に会うことは本当に稀だ。

この世界が彼のような人ばかりだったら、今世の中で起きているようなことは起きていない。

バカで幼稚な人が多いから、色んな許せない事件が起きているんだ。

黒人が夏にスキーマスクをつけていただけで殺された

コロナが流行る去年の夏、Elijah McClain(エライジャ・マクレイン)という23歳の黒人男性が夜中、スキーマスクをつけて近くのコンビニから家に帰ろうと歩いていただけで警察に殺された。

彼は首の抑圧もされたが、彼が死に至った原因は

麻酔の注射だった。

マッサージセラピストのエライジャは2019年8月24日の夕方(と言ってももう暗い時間帯だった)近くのコンビニから家に帰ろうと歩いていた。

エライジャはいつも通り外でスキーマスクをつけていた。何故なら彼は貧血で、早くから寒気を感じるからだ。

日本でいう夏の夜6~7時頃の気温だろう。貧血で寒気を感じる証拠に長袖も着ている。

通行人がエライジャに気付き、エライジャがスキーマスクを被っていること、音楽を聴いていたことから激しく腕を動かしている姿を見た。

通行人は911(日本でいう110番)に連絡した。誰かが危険な状態にあるということを信じたくなかったという理由で早く来るようにと警察に頼んだ。

警察が着くと、エライジャが歩きながら『僕には行こうとしているところに行く権利がある』と言ったので、警察はエリヤを止めようとした。

警察がエライジャに触ると、エリヤは『僕は家に帰るんだ…1人にさせてくれ。行かせてくれ。いや、行かせてくれ。僕は内向的なんだ。僕の境界線を尊重してください。』と言った。

更にエスカレートし、3人の警官は体重63kgのエライジャを壁に投げつけ、地面に向けてエライジャを捕らえた。

1人の警官がエライジャに、以下のような頸動脈をコントロールする抑圧を首に向けてした。その間エライジャは泣きながら懇願していた。

『あぅっ、本当に痛いよ。』

『本当にごめんなさい。僕銃は持っていないんです。何もしていません。』

途中で、1人の警官がもう1人の警官の体についているカメラを指摘し、『カメラを動かせ』と言った。(証拠の映像を残さないために。)

エライジャは抑制され、救急救命士が鎮静剤として塩酸ケタミンという注射用麻酔薬を打ちます。

エライジャは病院に運ばれている途中に2回も心臓発作を起こし、その6日後の8月30日に脳死と判断された。

エライジャは23歳だった。

まだこの事件に関わった警官や救急救命士は告訴されておらず、今でも普通に働いているようです。

エライジャは蚊でさえも殺さない人で、肉も食べない人だったようです。

そんな命を大切にしていた人が被害にあった。

https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p=%23ElijahMcClain&rf=off&ei=UTF-8&rkf=1

この警官達が未だに逮捕されていないというアメリカ人の怒りは、日本でいう飯塚幸三が逮捕されていないことに対する怒りと同じようなものです。

彼らが警官という職業で、もしかしたら上級国民扱いされているのかもしれません。

生前のエライジャさんの様子。椅子に座っている男性はTシャツを着ているが、エライジャさんは山登りに行くかのような格好をしている。この時はスキーマスクはつけていないが、相当の寒気を感じる貧血持ちの人だったのかも。

黒人の方がアジア人を差別してる?

私がアメリカに行ったら、アジア人として見なされるから、私はコロナと見なされて見下されると思う。

黒人がアジア人差別してるのに、と言ってる人。それは黒人のことをまだ知らない。

アジア人差別しない黒人だっていっぱいいるよ。

今はすぐニュースになったり炎上したりするでしょ。

今のところスティービーワンダーとか、ライオネルリッチーとか、メイウェザーとかアメリカの黒人の有名人がアジア人のことをコロナって発言した!とかニュースになってないよね?

私の黒人の彼は私が散々彼のファンからコロナって呼ばれてきているのを見てきたけど、1度も私にコロナって言ったことないし

私を見てコロナと言ったファンに怒ってたよ。

『お前が黒人なら、黒人は病気って言われて嬉しいか?お前が白人なら、白人は病気って言われて嬉しいか?』って。

たまたまあなたは教養と知識のない黒人を目にしただけ。

バカなんだよ、そいつは。

だからといってそいつを猿と思ったら今度はあなたは人種差別主義者になってしまう。

自分の方が頭良くて賢いと思え。

日本人でもバカと頭いいやつがいるのと同じで、黒人だってバカもいれば、頭がいい人もいるんだよ。

黒人全員が暴力的で危なくて怪しいやつじゃない。

黒人だって大統領になった人もいれば、違法なことをしないと生きていけない人もいる。

真面目に生きている黒人が、黒人は危ないと決めつけられて被害に遭っている。それがBlack Lives Matterなんだ。

日本人でもヤンキーやヤクザ、半グレ、詐欺師など反社会と繋がっているやつがいるのと同じで。

そう考えれば日本人だって全員安全なやつじゃない。それが黒人層にも言える。黒人だって安全な人もいれば、そうでない人もいる。それだけだ。

アメリカで一番コロナで亡くなっているのは黒人だ。

お前らの方がコロナで亡くなってるじゃねぇか、お前らの方がコロナだって言ってやれ。

または

アジア人がコロナなら、黒人はエボラか?

そう言われて嬉しい?

嫌ならやめろって言ってやれ。

暴行受けたら警察まで。

実際アメリカの黒人は警察に殺される件が多かったけど

アジア人はまだないよ。

黒人はアフリカ以外どこに行っても差別される現実がある。

でもアフリカは住むのには過酷な地域だ。

わかるか?

黒人ってだけで大変だと言う理由が。

私達が今アジア人という理由で差別を受けているのは、コロナが流行っているから。

コロナが落ち着いたら差別も落ち着く。

コロナの今は除いて、私達が外国に行って、アジア人だからといって特別怪しまれることはまずないと思う。

黒人はそれが(アフリカを除けば)どの国でもつきものなのだと…。

知ってほしい。

私は今争っている人から

関わっていた期間は短かったのにも関わらず

『負けず嫌いだね』って見抜かれたほど

大の負けず嫌いだよ。

コロナと呼んでくるやつは私がどんだけ賢いか頭がいいかなんて判断さえしないんだ。

そう見下されないように

彼の嫁って立場を使って有名になるしか

見下されない方法はないと思う。

私が黒人の嫁だって知れば

私のことを見下す黒人だって少なくなる。

あのラッパーの嫁さんかって、逆に上の立場として視るようになる。

本当は有名にはなりたくない。

でもそれが差別のある国で

外見だけで判断されずに

自分にふさわしい扱いを受ける唯一の方法だと考えている。

自分の過去なんて一切関係ない。

私は堂々といるよ。

Denzel Curry – Taboo Performances