カミラ・カベロのハバナに参加のヤング・サグは未婚で子供6人?

カミラ・カベロの『ハバナ』でラップを担当しているYoung Thug (ヤング・サグ)

サグはアトランタ出身のラッパーで、ハバナがアトランタについて歌われた曲である。

そんなサグって一体どんなラッパーなのか?

家族や今までの経歴について紹介。

未婚で子供が6人もいる!

26歳の時点で、出産してくれた女性4人から得た子供が6人もいるサグ。

Thugの子供。

最初に父親になったのが14か17歳だという。(アバウトな数字で申し訳ないが、Wikipediaや他の記事にも同じことが書かれている。)

Twitterで出産してくれた元彼女とケンカしたこともあった

婚約をしたこともあったが、結局破局してしまい、未だに未婚である。

そんなサグ、実はサグが使う言葉やファッションが原因で一時期ゲイ疑惑が絶えなかったのだ。

(Swae LeeにSexyと言ったこともある。Rich Homie Quan曰く、Thugなりのスラングらしい。)

子供が6人もいることがゲイでない証拠である。

兄弟が多い家庭で育った

元々、サグは11人兄弟の中の10番目として生まれている。

育ちからして、子供が多い方が好きなのかもしれない。

悪ガキだった

小学6年生の時に教師の腕を骨折させたことで学校から追い出され1年2ヶ月間少年院にいたことも。

『サグ』という名前自体が『ギャング』『凶悪犯』という意味なので、まさに子供の時から『サグ』だったのだろう。