Rich The Kid – Plug Walk 和訳

Plug walk (plug walk, plug, plug)

プラグ・ウォーク(ドラッグディーラーが歩く、プラグ、プラグ)

プラグというのはドラッグディーラーのコネや、他国からドラッグを輸入するための連絡のことを言う。

つまり、ドラッグディーラーと連絡を取りながら歩く、という意味だと思われる。

I don’t even understand how the fuck my plug talk (huh? what, what?)

オレのプラグの話がどうなっているのかさえ理解できない(え?何、何?)

ドラッグの取引先は他国で、その国の言語さえ理解できないと。

Pick him up in a space coupe, I don’t let my plug walk (skrrt)

彼をスペース・クーペに乗せて、オレのドラッグディーラーに歩かせない(スカー)

スペース・クーペとはこんな乗り物。

New freak, had to cut my other lil’ bitch off

新しい麻薬中毒者、オレの他の小さなビッチを追い払わなければいけなかった

50K, you could come and book a nigga for a plug walk

5万ドル(日本円で約500万円)、君が来てプラグウォークのためにヤツ(=Rich The Kid )をブッキングできるのは

50KのKとはキロ(=1000)のこと。

50×1000=50000=5万。

ブッキングとはアーティストのスケジュールを入れること。

ここではドルの単位がついてないが、おそらくお金のことだと思われる。

リッチ・ザ・キッドをブッキングするには5万ドル(約500万円)だと。

Verse 1

You can’t reach me (what?),

お前はオレに到達することができない(何?)

space coupe like E.T

E.Tみたいなスペース・クーペ

It’s the plug tryna call me (skrrt, skrrt)

プラグがオレに電話しようとする

I was up trappin’ early in the morning (plug)

早朝にドラッグを違法に売ったんだ(プラグ)

Ooh, on the wave like a du-rag (du-rag)

オー、ドゥーラグみたいな流行に乗って(ドゥーラグ)

ドゥーラグとはこの頭に巻いている布のこと。

Pussy nigga callin’ for his boo back (pussy)

女々しい男は自分の彼女を取り戻すために呼んでいる(女々しい)

Plug walk, Gucci on my shoe racks (Gucci)

プラグウォーク、グッチがオレの靴いれにある(グッチ)

Walk up in the house, hit a rat-a-tat

家の中を歩いて上がって、ドンドンと音を出して駆け登る

‘Til I ran into the plug (‘til I ran into the plug)

オレがプラグに出くわすまで(オレがプラグに出くわすまで)

‘Til I ran into the mud (to the mud)

オレがリーンの中に溶け込むまで(溶け込むまで)

I done ran into some racks, I done ran into your girl (your girl)

(日本円で)数十万円に
達し、お前の女に偶然会ったんだ(お前の女に)

Why the plug show me love? (Show me love)

何でプラグはオレに愛を示すんだ?(オレに愛を示すんだ?)

I done came up from a dub (huh?)

オレは20万のドラッグから上り詰めてきたんだ(え?)

Verse 2

Big ol’ Bentley, it’s a spaceship (woah)

大きなベントリー、宇宙船だ(うゎ)

Call me on my phone, I don’t say shit (what?)

オレの電話に電話をかけてオレを呼んでくれ、くだらないことは言わないから(何?)

I make money when I talk (when I talk)

オレが歩いている時に金を作るんだ(歩いている時に)

I’m a boss, take a loss (I’m a what?)

オレはボス、負ける(オレは何だ?)

I could introduce you to the plug (to the plug

オレは君をプラグに紹介できるよ(プラグに)

Bitch, this ain’t no Henny in my cup (lil’ bitch)

ビッチ、これはオレのコップの中に入っているヘニー(酒)じゃないんだ(小さいビッチ)

Stayed down, now the racks up (racks up)

オレが信じている仕事に集中して、今は金を積み上げている(金を積み上げている)

She gon’ let me fuck, ass up (ass up)

彼女はオレにヤらせてくれる、お尻を上げて(お尻を上げて)

Plug, I stuck kis in the Louis V (Louis V)

プラグ、ルイヴィトンに薬物の塊をずっと入れて(ルイヴィトン)

ドラッグディーラーはこのような1キロの薬物の塊を持ち歩くのだ

Fuck 12, I’m a G, ain’t no stoppin’ me (ain’t no stoppin’ me)

法的処罰はクソだ、オレはギャング、オレのことを止められないんだ(オレのことを止められないんだ)

And my wrist is on overseas (drip)

オレの手首に海外製の腕時計(イケてる)

Rich nigga, you can’t talk to me (rich)

金持ちなニガだ、お前はオレに話しかけられない(リッチ)

Elijah Heaps – Last Year 日本語訳 和訳

Lil Peepにそっくり?の作風をもつElijah Heaps(エライジャ・ヒープス)

この度Twitter @さんが自ら翻訳してくださいました。

Elijah Heaps

Last year my life took a turn for the worse
去年俺の人生は悪い方向へ向かった

This year I swore I’d pull a fast one
この年俺は周りを置いてけぼりにすると違­­ったんだ

My peers don’t wanna do work
仲間は仕事を働きたくない

Most wanna take sho­­ts
もっとMVを撮りたい

Til they’re throwing up past drunk
あいつらは酔っ払ってばっかりなのを今日­­知った

Next year I’m calli­­ng all shots
次の年からは俺が全てを仕切った

Young baller won’t stop
成功者は止まらない

Til I’m living in a mansion
俺が豪邸に住んでいる事を今日知った

You know that music won’t stop
音楽は止まらない事を君は知っている

That money gone talk
その金は無くなった

Now baby put your hands up

手を上げなベイビー

I never wanted to hu­rt you
君を傷付けたくないんだ

But I feel like the last time I kiss yo­­ur face I’ll cry
でも君の顔にキスをするのは最後のような­­気がして俺は泣く

I always wanted to please you
常に君を喜ばせていたい

But now I think I’ve got this down
でも俺は今こう思っていると思う

Can’t stick around this empty town
この空っぽな街を出なければならない

I think I’ve got it figured out
俺は考えそう思った

Take my heart
私の心を奪って

And stay right here
そしてここに居て

I feel you in my at­­mosphere
俺の中で君を感じた

I know your soul wi­­ll stay alive
君の魂が生き続ける事を俺は知っている

So kiss me once and say goodnight
だから一度キスをして言った。おやすみ

SpaceMan Zack

Last year they didn­­’t want me
去年あいつらは俺を求めなかった

This year swear I’m done bein bummy
この年は周りからの見られ方を気にしない­­と誓った

Watch these motherf­­uckers try to ride my wave
クソ野郎共が俺の波に乗ろうとしているの­­を見た

I’m a lover boy put it straight to the grave
俺は良い男だ。真っ直ぐ墓に入れてやった

Girl fuck me in the basement
女は地下室でヤった

Girl your momma won­­’t say shit
君のママには言わない

Cause she hate me. But we don’t care
彼女は俺を憎んでいるからね。でも俺たち­­は気にしてない

Sing my songs while I’m playin with your long hair
長い髪を撫でながら俺の曲を歌う

You can be my cover girl, let’s live li­­fe in our own world
君は俺のカバーガールになれるよ。俺たち­­だけの世界で生きよう

Get a check for me spend it all on you
君に全てを費やせるか確認する

Let’s get out of th­­is place lemme count on you
俺にすべて任せてここから出よう

Last year my life took a turn for the worst this year I swe­­ar I’m blowing up
去年俺の人生は悪い方向へ向かった。今年­­俺は成長すると誓った

Fuck anyone who said they didn’t get it imma show you sum
クソ野郎共が誰も言わない何か(全て)を君に見せ­­よう

fuck a job we gon take over the world or sum
仕事はクソだ、俺たちでこの世界か何か(全て)を征服しよう

ZillaKami x SosMula – Shinners 13 和訳

Chorus: ZillaKami & SosMula

One for the gang,

1人目はギャングのために死んで

ギャング同士のビーフで殺されてしまった。

two for the fame

2人目は名声のために死んで

有名でいるがために死んでしまった。

Three for the name,

3人目は名前のために死んで

four to the grave

4人を墓に入れる

Put the nail in the coffin,

ひつぎに爪を入れる

lay him down for a minute

長い間彼を寝かせておけ

× 2

Verse 1: SosMula

I turn the soft into bricks of the crack

ソフトなものからクラックの塊に変えてやるぜ

Then we gon’ toss all the bricks in the back

それからオレたちで薬の塊(ブリック)を全部後方に投げてやるぜ

アメリカだとブリックと言って、コカインなど薬物が塊で売られているのだ。

それがレンガのような形をしていることから、ドラッグディーラーたちはレンガという意味の『brick ブリック』と呼ぶことにしたのだ。

Then we gon’ sell all the bricks on the ave

それからオレたちで薬の塊(ブリック)を全部大通りで売るんだ

Bitch I’ma blood, ain’t no crip on my rag

ビッチ、オレはブラッズ、オレのバンダナにクリップはない

Ayy, ayy, ayy, ayy

I’ma catch a whole stage with the K

AK-49で全体のステージを捕らえるぜ

Wait, wait, wait, wait

待て 待て 待て 待て

I’ma pull up on you, blades on the dash

お前を引っ張り出す、(車の)ダッシュボードに刃物を出す

Think we can shoot at the opps

オレたちが敵のギャングを撃つことができることについて考える

Bendin’ the corners,

角を曲がって

we shoot at the block

ブロックに向けて撃つ

Fuck it, we gon’ shoot at the cops

クソだ、オレたちは警察に向かって発砲するぞ

I’ma just shoot till you drop

オレはお前が倒れるまでただ撃ってやる

I’ma just spit in your face

お前の顔に唾をかけてやる

You gon’ get hit with the gauge

お前は銃のゲージを喰らう

Take the pin out the grenade, nigga

手りゅう弾からピンを出せよ、こら

I’ma go piss in your grave

お前の墓に小便してやる

Verse 2: Zillakami

Okay I’m tired of y’all niggas actin’ crazy and shit (okay)

OK、オレはお前ら全員がクレイジーでクソみたいに振る舞っているのに疲れたんだ

When the dogs come out, we ain’t playin’ that shit (wassup)

犬が外に出た時は、オレたちは遊ばねぇぜ(どうだい)

My niggas ain’t scared

オレの仲間は怖がっていねぇ

Beware, don’t dare

気をつけろ、やめろ

Beware I ain’t scared

気をつけろ、オレは怖がっていねぇから

Beware don’t dare
Beware

気をつけろ、やめろ、気をつけろ

Kooda B – Walking Through The Ville 和訳

Kooda B
クーダ B

6ix9ineのKoodaは彼の名前から由来して名づけられた。

Walking Through The Ville

ウォーキン・スルー・ザ・ヴィル

日本人にも聞きなじみのあるVannesa Carlton “A Thousand Miles” を大胆にサンプリングしたこの曲。

Intro

Ah-yeah, Kooda B

Ah-yeah, through the Ville, slow

Brownsvilleを通り抜ける、ゆっくり

Brownsville(ブラウンズヴィル)とはニューヨークのブルックリンにある住宅街。それを略してVille(ヴィル)と言っている。

Hook

Making my way through the Ville,

ヴィルの中を通り抜けて進む

walking slow

ゆっくり歩きながら

Niggas know not to run up

あいつらは駆け上ってはいけないことを知っているんだ

Boom-boom-boom-boom-boom, it coulda been you

ブンブンブンブンブン
君だったかもしれない

ブラウンズヴィルは安全に歩き回ることができない危険な場所。だから銃を持って自分を守っているクーダ。

だからブンブンブンブンブン…と銃を放つのだ。

Boom-boom-boom-boom-boom, it coulda been you

Boom-boom-boom-boom-boom, it coulda been you

Boom-boom-boom-boom-boom, I won’t miss you

ブンブンブンブンブン
君を寂しく思い返さないよ

Boom-boom-boom-boom-boom, these hollows tear them up

銃弾があいつらをやっつける

Verse

I was walking through the Ville (yeah-yeah)

オレはブラウンズヴィルを通り抜けて歩いていた

Fans ask me how I’m doing (what up?)

ファンはオレに元気なと聞いてくる(最近どう?)

Just know what I’m wooin’, little bitch fuck with the movement

オレが手を振って合図しているものを知っておけ、小さなビッチが(オレたちのギャングによる)運動に一緒に参加してる

All my niggas get into it, if you front we shooting, dog

もし君がオレたちが撃っている前にいて、オレの友達全員が足を踏み入れたら

Pop rrr-rrgh up, tonight

今夜は飛び上がる

Tonight, we gon’ get you

今夜は、オレたちは君を仲間として手に入れる

Boom-boom-boom-boom-boom, we won’t miss you

ブンブンブンブンブン
オレたちは君を寂しく思い返さないよ

Denzel Curry – SUMO 和訳 日本語訳

日本の武道や、日本のオタク文化についての表現がたくさん出てくるこの曲。

デンゼル自身もドラゴンボールのファンとして知られている。

Chorus

Pockets too big, they sumo (what?)

ポケットが大きすぎる、それらは相撲だ(何?)

ポケットにお金がたくさん入りすぎて大きすぎ、という意味だ。

『相撲』は英語圏ではただ相撲を表す意味だけではなく、『重い』 『太っている』という比喩の意味もある。

Pull a nigga card like Uno (yeah)

ウノみたいにカードを引き出す

Flip a nigga shit like Judo (yeah)

柔道みたいにあいつをひっくり返す

You niggas act too culo (culo)

お前らの振る舞いはケツすぎる

You a nerd, no Chad Hugo (hoo)

お前はオタク、チャド・ヒューゴではなく

Nerdは『オタク』という意味で、ここではPharrell Williams率いるヒップホップ・グループのN.E.R.DのメンバーであるChad Hugoとかけた。

ちなみにChadはアメリカ版の2ちゃんねるにあたる掲示板の4ちゃんを意味する。

Pockets too big, they sumo × 2

Verse 1

Pockets too big, they sumo

ポケットが大きすぎる、それらは相撲だ

Tell me who the hottest motherfucker that you know

お前が知ってる1番ホットなやつを教えてくれ

If it ain’t me, you a puto

それがオレがじゃないなら、お前は反逆者だ

Curry get the flame,

カリーは炎を得て

call a nigga Prince Zuko (ah yeah)

オレのことをズーコ王子と呼べ

ズーコ王子とは『アバター 伝説の少年アン』の登場人物。

Swimming through the money like a flounder,

フラウンダーみたいに金を通して泳いでいる

hold up (yeah)

耐えろ

I just want the knowledge and the power, hold up (yeah)

オレはただ知識と力が欲しい、耐えろ

Why these niggas lookin’ at me sour? (uh)

何でこいつらはオレを不機嫌なやつだと見るんだ?

Chopper eat a nigga like Chowder (yeah)

銃はチャウダーみたいなやつを破壊する

Rada-rada-rada-rada-rada (okay)

アメリカのアニメ『チャウダー』の登場キャラクターのシュニッツェルの話し方のこと↓

Never gave a fuck about a dollar (hey)

ドルについては全く気にしなかった

Mo’ money mean more problems (hey)

もっと多くの金はもっと多くの問題を意味する

Grip ‘em in a fall like Autumn (uh)

秋にみたいにあいつらを掴んで落とす

fallはこの場合『落とす』 という意味だが、『秋』という意味もある。
それと『秋』という意味のautumnをワードプレーでかけた。

‘Cause I got it on my own with no help, mane (uh)

何故ならオレは助けなしで自分の成功を成し遂げたから

Got a bag than invested in myself, mane (uh)

自分に投資するよりバッグを買ったんだ

Bridge

Denny the new hope (yeah)

デニーは新しい希望だ

Denny デニーとはデンゼル自身のこと。

Deliver new dope (yeah)

新しいdopeなものを届ける

Givin’ out bricks like Shaq at the free throw (yeah)

シャキール・オニールがフリースローでブリックでボールがはじかれ

フリースローはバスケットボールで反則を犯した場合に相手チームに与えられる、シュートの機会。

ブリックとはリングに当たって入らなかったシュートのこと。 

Anybody wanna B.E.T.? (what?)

B.E.Tが欲しい誰か?(何?)

B.E.Tはアメリカの黒人向けケーブルテレビチャンネルのBlack Entertainment Televisionのこと。ヒップホップに関する放送が多く、デンゼルもBETのサイファーに出演したことがある。

Man y’all niggas can’t see me (what?)

おい、お前らはオレのことが見えない(何?)

Out of my league, you Pee-Wee (what?)

オレとは格が違う、お前はちっぽけ(何?)

Pocket too big, Rikishi (okay)

ポケットが大きすぎる、力士

[Verse 2]

全翻訳予定でしたが、内容により割愛します。

Famous Dex – Japan 和訳 日本語訳(一部)

Intro

You know what I’m sayin’

オレの言っていることわかるだろ

I just- that’s just how I like to do it,

ただ、そうやってオレがやるのが好きなんだ

know what I’m sayin’ (Dexter)

オレの言っていることわかるだろ(デクスター)

My real name is Dexter, haha

オレの本名はデクスターさ、ハハ

I got a lot of more diamonds too

ダイアモンドももっとたくさん持ってる

I just got new diamonds by the way

ところで新しいダイアモンドをゲットしたんだ

Uh, woah

オ、ウォー

Dexter, huh

デクスター

Uh, yeah,

ア、イェー

uh what

オーワァ⁉

Baby girl, what you doing, where your mans? (where your man)

ベイビー、女の子よ 君は何してる?君の男はどこ?(君の男はどこ?)

I just popped a xan, fifty thousand in Japan (fifty thousand in Japan)

オレはただ、日本でザナックス(薬物)を5万回やったんだ

You know what I’m sayin’

オレの言っていることわかるだろ

I ain’t doin’ no playin’,

オレはやってないし遊んでいない

you dig (Dexter)

君は見つけ出したな(デクスター)

Dexter (Dexter)

デクスター

Ooh, huh, wait, what
Uh, yeah, what

Baby girl, what you doing, where your mans?

ベイビー、女の子よ 君は何してる?君の男はどこ?

I just popped a xan, fifty thousand in Japan (fifty thousand in Japan)

オレはただ、日本でザナックス(薬物)を5万回やったんだ

I ain’t doin’ no playin’,

オレはやってないし遊んでいない

these red bottoms, not no Vans

この靴の赤い底、Vansじゃなくて

And she tellin’ all her friends,

彼女は全ての友達に伝えているんだ、

I might put ‘em on the Gram, aye (yeah, Dexter)

その写真をオレがインスタグラムに載せるかもしれない

Joyner Lucas – I’m Not Racist 和訳

ジョイナー・ルーカスの出世作。

この曲をラップしているのは実はこの方↓。MVには出てこない。

人種差別に非常に敏感になっている今の時代のアメリカを背景に書かれた曲、というよりスピーチに近い。

『この曲が人種差別を終わらせる!』というコメントもあり、非常に大きな反響を呼んでいる。

7分近く続くこの曲は白人による主張と、黒人による主張で展開されており、オレは人種差別主義者ではない』というフレーズが何度も出てくる。

ちなみに、ジョイナーは黒人と白人のハーフである。

白人の主張

With all due respect

失礼ながら

I don’t have pity for you black niggas, that’s the way I feel
Screamin’ “Black Liv­es Matter”

お前ら黒人ニガたちに同情はないよ、これがオレが『黒人の命の問題』と叫んでいる気持ちになる成り行きさ。

ニガ(nigga)とは黒人以外の人種は使ってはならない黒人に対する侮辱を意味する人種差別用語。

黒人が使うと自虐的な意味になるので、黒人は使ってもいいとされている。

All the black guys rather be deadbeats than pay your bills

全ての黒人は自分たちの請求書を払うより死体になる方がマシ

Yellin’ “Nigga this” and “Nigga that”

『ニガ、これ』 『ニガ、あれ』と叫んで

Call everybody “Nigg­a” and get a nigga mad

みんなを『ニガ』と呼んで、黒人を怒らせる

As soon as I say “Ni­gga” then everyone react

オレが『ニガ』って言うとすぐみんなは反応して

And wanna swing at me and call me racist

オレを激しく批判したくなって、オレのことを人種差別主義者と呼ぶ

‘cause I ain’t black

オレが黒人じゃないからだ

Well pound that then
Talkin’ about slavery like you was around back then

相当オレの頭に叩き込み、まるでお前がその時奴隷の周りにいたみたいに奴隷について語る

Like you was pickin’ cotton off the fuck­in’ ground back then

まるでお前がその時地面から綿花を摘んでいたみたいに

アメリカの奴隷制度時代では、黒人の奴隷に綿花を収穫させていた。

Like you was on the plantation gettin’ down back then

まるでその時お前が栽培場にいて、かがんでいたみたいに

Aight, look

わかった、見ろ


I see a black man ai­min’ his gun

オレは黒人の男が自分の銃を向けているのを見た

But I’d rather see a black man claimin’ his son

でも黒人の男が自分の息子を要求しているのを見る方がマシなんだ

黒人の父親は自分の子供を見捨てる父親が多いことから。

And I don’t mean just for one day and you done

ある日お前がやったという意味ではないんだ

I mean, you still tr­apped in a rut

お前はまだ決まったやり方にとらわれているという意味だ

And I work my ass off and I pay my taxes for what?

オレが必死に働き、何のために税金を払うんだ?

So you can keep livi­n’ off free governme­nt assistance?

だからお前は無料の政府の援助で生活しているのか?

Food stamps for your children, but you’re still tryna sell ‘em
For some weed and so­me liquor or a fucki­n’ babysitter

While you party on the road

子供に充てるフードスタンプをタバコと酒と、ベビーシッターを雇うために、路上でパーティーしている間にお前はまだそれを売って換金しようとしている

フードスタンプとはアメリカの低所得者に配られる食費補助券である。

フードスタンプでは酒やタバコなどの嗜好品が買えないため、換金しようとする者もいるらしい。

‘cause you ain’t got no fuckin’ goals?

お前には目標なんてないからという理由で

You already late
You motherfuckas nee­da get your damn pri­orities straight

お前はいつも遅い、お前らクソ野郎は優先事項を整理する必要がある

Wait, it’s like you’­re proud to be fake

待て、まるでお前は偽者でいることを誇りに思っているみたいだ

But you lazy as fuck and you’d rather se­ll drugs Than get a job and be straight

でもお前はすげぇ怠けていて、仕事を得て合法でいるより、薬を売った方がマシなんだろ

And then you turn ar­ound and complain ab­out the poverty rate

それから振り向いて貧困率について愚痴るんだ

Fuck outta my face!

オレの目の前から消え去れ!

You can’t escape pro­blems

お前は問題から逃げられないんだ

You can pray for some change but can’t break a dollar

お前は変化のために祈ることはできるが、ドル札を崩すことはできない

Got nobody else to blame, so you blame Donald

誰も責めるやつがいないから、お前はドナルド・トランプを責める

“They fuck the world with a Make America Great condom”

「あいつらは『アメリカを偉大なコンドームにしろ』というスローガンとともに世界を壊す」

これはトランプ大統領がMake America Great Again 『アメリカを再び偉大な国にしよう』というスローガンをもじって皮肉ったもの。

My voice been back

オレの声が戻ってきた

I’m not racist, my sister’s boyfriend’s black

オレは人種差別主義者ではない、オレの姉妹の彼氏は黒人なんだ

I’m not racist, my sister-in-law’s baby cousin Tracy
Got a brother and his girlfriend’s black

オレは人種差別主義者ではない、オレの姉妹の法律上の子供のいとこのトレーシーに兄弟がいて、トレーシーの彼女は黒人なんだ

My head’s in the clo­ud

オレの頭の中は上の空

Heard there’s not en­ough jobs for all the men in your house

お前の家の中の男が全員十分な職についていないと聞いた

Maybe we should build a wall to keep the Mexicans out

多分オレたちはメキシコ人を排除し続けるのに壁を建てるべきだ

トランプ大統領がメキシコからの不法移民がアメリカに入国するのを防ぐために、アメリカとメキシコの国境との間に『壁を建てろ』と政策を立てている件から。

Or maybe we should send ‘em all to the ghetto for now

またはおそらくオレたちは今そのメキシコ人を全員スラム街に送還すべきだ

I’m not racist, and I never lie

オレは人種差別主義者ではない、オレは絶対に嘘をつかない

But I think there’s a disconnect between your culture and mi­ne

でもお前の文化とオレの文化との間に相違点があると思うんだ

I worship the Einste­ins, study the Steve Jobs

アインシュタインを崇拝し、スティーブ・ジョブズを勉強する

But you ride 2Pac’s dick like he was a fuckin’ god, oh my go­d!

でもお前は2pacが超神だったみたいに2pacに崇拝して、なんてことだ!

And all you care abo­ut is rappin’

あとお前が気にしていることはラップのことだけ

And stuntin’ and bein ratchet, and that’s the nigga within you

見せびらかしてグリルを詰め、お前の中に「ニガ」はあるんだ

Music rotting your brain and slowly start to convince you

音楽はお前の脳ミソを腐らせ、ゆっくりとお前を納得し始める

Then you let your ki­ds listen and then the cycle continues

お前は自分の子供にも音楽を聴かせ、サイクルを継続させる

今流行りのラップミュージックには薬物や女性蔑視など、教育によくない内容の曲があり、頭を腐らせ、子供にも悪影響を与え、悪循環を繰り返してしまうということ。

Blame it all on the menu, blame it on th­ose drinks

全てをメニューのせいにし、こういう飲み物のせいにし

Blame it on everybody except for your own race

お前の人種いがいの全てのみんなのせいにし

Blame it on white pr­ivileges, blame it on white kids

白人の特別扱いのせいにし、白人の子供のせいにし

And just blame it on white citizens, same with the vice pres­ident

ただ白人の国民のせいにし、ヴァイス副大統領と同じだ

Bunch of class clowns

大勢いる階級のバカども

Niggas kneelin’ on the field, that’s a flag down

黒人たちが競技場に膝まずいていることは、ペナルティの旗が下がることだ

How dare you try to make demands for this money?

よくもお前はこの金から要求をしようとすることができるな

You gon’ show us some respect, you gon’ stand for this count­ry,nigger!

お前はオレたちに尊敬の意を示すだろう、お前はこの国のために立ち上がるんだよ、ニガ!


I’m not racist

オレは人種差別主義者でない

I’m just prepared for this type of war

オレはこういう争いの準備はできているんだ

I heard Eminem’s rap at the awards, who’s he fightin’ for?

エミネムのラップをBETで聞いたんだ、エミネムは誰のために戦っているんだ?

Eminem – The Storm (BETサイファー)和訳

Y’all can take that motherfucker too, he ain’t white no more

お前らはくそ野郎と受けとることもできるだろう、もはやエミネムは白人ではないんだから

エミネムが黒人の味方をしていると意味で、『もはや白人ではないんだから』と言っている。

It’s like you wanna be so famous

お前が有名になりたいみたいなさ

You’ll do anything for attention and a little payment

注目を得るためと少しの報酬のためにお前は何でもやるだろう

I can’t take you now­here without people pointin’ fingers

人々がお前に中指を向けることなく、お前をどこかに連れていくことはできない

Pants hangin’ off yo­ur ass, you ain’t got no home trainin’?

腰パンして、お前は家でしつけを受けていないのか?

Put your fuckin’ pan­ts up, nigga!

ズボンを上げろよ、ニガ!

Put th­at suit back on!

スーツに戻せよ!

Take that du-rag off!

ドゥーラグを取れよ!

↓この水泳帽みたいなものがドゥーラグ。

Take that gold out your mouth!

グリルを口から取れよ!

Quit the pitiful stu­ff
And then maybe police would stop killin’ you fucks

痛ましいことはやめな、おそらく警察がお前らを殺すことをやめるだろうから

Yo, what the fuck?!

ヨォ、何だこれ?


I’m not racist

オレは人種差別主義者ではない

It’s like we livin’ in the same buildin’ but split into two floors

まるでオレたちは同じ建物の中に住んでいるのに、1階と2階で分けているみたいだ

I’m not racist

オレは人種差別主義者ではない

But there’s two sides to every story, I wish that I knew you­rs

でも全てのストーリーには2つの側面があるんだ、オレがお前らのストーリーを知っていたらなと願う

I wish that I knew yours

オレがお前らのストーリーを知っていたらなと願う

I’m not racist, I sw­ear

オレは人種差別主義者ではない、誓うよ

黒人の主張

With all disrespect

失礼ながら

I don’t really like you white motherfuck­ers,

オレはお前らの白人のクソ野郎が本当に好きじゃない

that’s just whe­re I’m at
Screaming “All Lives Matter”
Is a protest to my protest,

これがオレが『黒人の命の問題』と叫び続けている立ち位置で、オレの抗議のための抗議だ

what kind of shit is that?

それはどういうものだ?

And that’s one war you’ll never win

それがお前が勝つことのない戦争さ

The power in the word “Nigga” is a diffe­rent sin

『Nigga』という言葉の中の力は異なる罪だ

黒人がNiggaと言った場合と、白人がNiggaと言った場合では罪と見なされる重さが違う。

We shouldn’t say it but we do, and that just what it is

オレたちは言うべきではないけど言っている、それが現実だ

But that don’t mean that you can say it just ‘cause you got nigga friends

でもお前に黒人の友達がいるからって、言っていいという意味ではないんだ

Nigga, that word was originated for you to keep us under

ニガという言葉はオレたちを大人しく抑えるために生じた言葉なん

And when we use it, we know that’s just how we greet each ot­her

オレたちがその言葉を使うときは、オレたちがお互い挨拶する方法だと知っているんだ

And when you use it, we know there’s a double meaning under

オレたちが使うときは、2つの意味があることをオレたちは分かっているんだ

And even if I wasn’t picking cotton phys­ically

例えオレが綿花を詰む肉体労働をしていなかったとしても

That don’t mean I’m not affected by the history

それはオレが歴史によって影響されていないという意味ではないん

My grandmomma was a slave, that shit gets to me

オレの祖母は奴隷だった、それがオレをイライラさせるんだ

And you ain’t got no motherfucking sympa­thy, you pussy nigga!

お前には同情なんて何もない、お前は女々しい野郎!

I’m sorry you can ne­ver feel my life

お前がオレの人生を2度と味わうことができなくて残念だよ

Tryna have faith, but I never felt alrig­ht

信頼を得ようとしても、大丈夫だと1度も思えなかった

It’s hard to elevate when this country’s ran by whites

この国が白人によって回っている時、地位を上げるのは大変なんだ

Judging me by my skin color and my black­ness

オレの肌の色とオレの黒さでオレを判断する

Tryna find a job but ain’t nobody call me back yet

仕事を見つけようとするけど、誰もオレに採用の電話は折り返しかけてくれないんだ

Now I gotta sell dru­gs to put food in my cabinet

今オレは食べ物を棚に置くために薬物を売らなきゃいけない

You crackers ain’t slick, this is all a part of your tactics

お前らクソな白人どもは器用ではない、これは全てお前らの戦略の一部だ

Don’t talk about no motherfucking taxes
When I ain’t making no dough

オレが金を作っていない時にクソな税金の話はするな

You think you know everything but you do­n’t

お前は全てを知っていると思っているが、そうではないんだ

You wanna copy our slang and everything that we know

お前はオレたちのスラングと、オレたちが知っている全てをマネしたいんだ

Tryna steal black cu­lture and then make it your own, whoa

黒人の文化を盗もうとして、自分のものにしようとするんだ、わぉ

Fuck, I’m exhausted

くそ、オレは疲れきったよ

I can’t even drive without the cops tryna start shit

警察がくそなことを始めることなしにオレは運転できないよ

黒人が車を運転していると、警察が車を止めさせ、話を聴取することが多い。

ひどい時にはこういうことも。

I’m tired of the sys­tematic racism bulls­hit

計画に沿った人種差別のくだらないことには疲れた

All you do is false shit, this the shit that I’m forced with

お前らがやることは全て間違ったことで、これはオレが強いられたことだ

And you don’t know shit about my people, that’s what bothers you

お前はオレたちについてクソなことを知らない、それがお前を悩ませているものだ


You don’t know about no fried chicken and no barbecue

お前はフライドチキンとバーベキューについて知らないし

フライドチキンもバーベキューも黒人が好きな典型的な食べ物だそう。

You don’t know about the two-step or no loose change

お前はツーステップについても知らないし、ルーズ・チェンジについても知らない

ツーステップはHip-hopダンスのこと。

ルーズ・チェンジは黒人のディスコグループ。

You don’t know about no 2 Chainz or no Kool-Aid, you don’t know!

お前は2 Chainzもクールエイドについても知らねぇんだ!

クールエイドはアメリカの原色の粉末飲料。黒人が好きという典型的なイメージが世間にあるようだ。

つまり、ここでは『黒人の文化についてお前は知らねぇんだ!』と白人に対して主張している。

And even though Bara­ck was half as black

あとバラク・オバマでさえ、黒人のハーフだった

元オバマ大統領は黒人と白人のハーフであった。

You hated president Obama, I know that’s a fact

お前はオバマ大統領を嫌っていた、オレはそれが事実だって知っているんだ

You couldn’t wait to get him out and put a cracker back

お前はオバマを追い出して、クソな白人(トランプ)を引き戻すのが待ちきれないんだろ

Cracker(クラッカー)はniggerの反対語で、黒人が白人に対して使う白人差別用語。
本来は『貧乏な白人』という意味。

And then you gave us Donald Trump and now it’s payback for that

その後お前はオレたちにドナルド・トランプをよこし、今ではそれの仕返しだ

I’m not racist, I ne­ver lied

オレは人種差別主義者ではない、オレは嘘をついたことはないんだ

But I know there’s a disconnect between your culture and mine

でもオレはお前の文化とオレの文化の間にズレがあるのを知っているよ

Yeah, I praise 2Pac like he was a fuckin’ god

あぁ、オレは2pacがまるで超神だったかのように称賛するよ

He was fighting for his life way before he fuckin’ died, nig­ga, die nigga!

2パックは死ぬまで自分の人生のために戦っていたんだぜ、死ねまでだぜ!

And all you care abo­ut is money and power

お前が気にしていることは金とパワーだけ

And being ugly and that’s the cracker wi­thin you

ブスでいることと、クソな白人はお前の中にいるんだ

Hatred all in your brain,

憎しみは全てお前の頭の中にある

it slowly start to convince you

その憎しみはお前をゆっくりと説得し始める

And then you teach it to your children until the cycle conti­nue

このサイクルが続くまで、お前の子供にもそれ(憎しみ)を教えるんだ

Blame it on Puerto Rico,

プエルトリコのせいにし、

blame it on OJ

O・J・シンプソンのせいにし

O・J・シンプソンとは自身の元妻と友人を殺したアメリカの元フットボール選手であり俳優。有名人が犯した殺人事件ということで、90年代に世界中の注目を集めた。

Blame it on everybod­y,
except for your own race

お前の人種以外のみんなのせいにし

Blame it on black ni­ggas and blame it on black citizens

黒人のせいにし、黒人の国民のせいにし

Aim at the black bus­inesses,

黒人のビジネスを標的に狙い

I ain’t say­ing I’m innocent

オレは悪くないって言ってない

But, I might be any day now

でもオレは今すぐにでも罪を犯した人になるかもしれない

Treatin’ everybody how you want and any way how

みんなをお前が誰かに扱われてほしい態度で扱え、何らかの方法で

I swear North Korea ‘bout to bomb us any day now

北朝鮮は今にもオレたちに爆弾を落とす直前だと断言するよ

And now I’m duckin’ everytime I hear a fuckin’ plane now, sh­it

今オレが飛行機の音を聞いたら毎回隠れるさ、くそ

You know I make a lot of sense but you just can’t admit it

オレは大いに納得がいくってお前は知っているだろ、でもお前はそれを認めたがらないんだ

When Eminem went aga­inst Trump, that was the illest

エミネムがトランプに反対したのは、一番ヤバかった

Eminem – The Storm (BETサイファー)和訳

‘Cause even though he’s white, he let us know he standin’ wi­th us

例え彼が白人でも、エミネムはオレたち黒人に、オレたちと一緒に立ち上がっているということを知らせてくれるからだ

I’m not racist, but I cry a lot

オレは人種差別主義者ではないけど、すごく泣いているよ

You don’t know what it’s like to be in a frying pot

人種のるつぼ(揚げ物のお鍋)の中がどんな感じかお前にはわからない

人種のるつぼを英語では『melting pot メルティン ポット』といい、これをねじ曲げて『frying(揚げている) pot フライン ポット』にした。

つまり、人種のるつぼの中で争いが起きているという意味を込めて『frying pot』にしたのだ。

You don’t know what it’s like to mind yo­ur business

余計なお世話をするのがどういうことかお前はわからない

And get stopped by the cops and not know if you ‘bout to die or not

警察に止められて、死ぬか生き残れるかわからないのが、どういうことかお前は知らない

You worry ‘bout your life, so you take mine

お前はお前の人生について心配している、だからお前はオレの人生を奪うんだ

白人は白人の身の危険について心配している。

だからこそ白人の警察は黒人を疑い、黒人を射殺するのだろうと。

I love you but I fuc­kin’ hate you at the same time

お前のことは大好きだけど、同時にすごく嫌いなんだ

I wish we could trade shoes or we could change lives

オレたちが靴を交換するか、人生を変えられたら

So we could understa­nd each other more but that’d take time

オレたちはお互いのことをもっと理解できるようになれるけど、それには時間がかかる

I’m not racist

オレは人種差別主義者でない

It’s like we livin’ in the same buildin’ but splittin’ the both sides

まるでオレたちは同じ建物の中に住んでいるのにお互いの局面で隔てているみたいだ

同じ国に住んでいるのに、お互いの肌の色やバックグラウンドで白人と黒人で境界線を引いているみたいだ、と。

I’m not racist

オレは人種差別主義者でない

But there’s two sides to every story and now you know mine

でも全てのストーリーには2つの局面があって、今お前はオレのストーリーを知るんだ

Outro

Can’t erase the scars with a bandage

包帯で傷は消せない

I’m hopin’ maybe we can come to an under­standin’

もしかしたらオレたちが理解できる時がくると願っている

Agree to disagree, we could have an unde­rstandin’

否定するために賛成し、オレたちは理解できたかもしれない

I’m not racist

オレは人種差別主義者ではない

21 Savage – Bank Account 和訳(一部)

 


Verse 1

I buy a new car for the bitch (for real)

ビッチに新しい車を買ったんだ(マジだぜ)

I tear down the mall with the bitch (for real)

ショッピングモールをビッチと一緒に壊したんだ(マジだぜ)

You can’t even talk to the bitch (no)

お前はビッチに話すことさえできない(できないなぁ)

She fucking with bosses and shit (on God)

そのビッチはボスたちと一緒にやってるんだ(ああ、神様)

I pull up in ‘Rari’s and shit (skrrr)

オレはフェラーリの中で泊まって(スカー)

With choppers and Harley’s and shit (for real)

チョッパー(銃)と一緒にハーレーのバイク(マジだぜ)


I be Gucci’d down, Gucci, you wearing Lacoste and shit (bitch)

オレはグッチを着て、お前はラコステを着て(ビッチ)

Yeah, Moncler, yuh, fur came off a bear, yuh (yeah)

イェー、モンクレー、イェー、熊をちぎってファーができる、イェー

Triple homicide, put me in a chair, yuh (in jail)

3人の殺人、オレを椅子に座らせて、イェー(刑務所だ)

裁判中のこと。

Triple cross the plug, we do not play fair, yuh (on God)

3つの薬物がプラグを横切り、俺たちは不正なことをする(ああ、神よ)

プラグとは薬物を発送し、薬物を育てるのに他国と連絡を取る連絡先のこと。

よく薬物と関係のあるラッパーの歌詞に出てきます

Got ‘em tennis chains on and they real blingy (bling)

テニスチェーンをつけて、あいつらは本当にキラキラしてる(キラキラ)

テニスチェーンとはこれのこと。

Draco make you do the chicken head like Chingy (Chingy)

ドラコ(小さいAK-47)はチンギーみたいにお前をチキンヘッドをやりたくさせる

これは2003年に流行ったラッパー、チンギーのRight Thurr のチキンヘッドダンスのこと。

Walk in Neiman Marcus and I spend a light fifty (fifty)

ニーマン・マーカス(アメリカのデパート)の中を歩いて、オレは軽く5000円(50ドル)を費やす

Please proceed with caution, shooters, they be right with me (21)

気をつけながら続けてくれ、銃撃犯たちよ、あいつらはオレと一緒にうまくいってる(トゥウェンティワン)

Bad bitch, cute face and some nice titties

素敵なビッチ、可愛い顔していい胸もってる

$7500 on a Saint Laurent jacket (yeah)

75万(7500ドル)をイヴ・サンローランのコートに費やす(イェー)

このコートがイヴ・サンローランらしい。

Bitch, be careful when you dumpin’ your ashes (bitch)

ビッチ、気をつけろよ、お前がお前の灰を捨てる時は(ビッチ)

タバコの灰がら?

I ain’t no sucker, I ain’t cuffin’ no action (nah)

オレはだまされやすいやつじゃない、オレの手に手錠をかけられていない(かけられていないぜ)


The skreets raised me, I’m a whole bastard (wild)

ストリートがオレの地位を上げてくれた、オレはそのまんまの無礼なやつだ(ワイルドだろ)

I bought a ‘Rari just so I can go faster (skrrr)

フェラーリを買ったからもっと速く行けるぜ(スカー)

Niggas tryna copy me, they playin’ catch up (21)

あいつらはオレをパクろうとしている、あいつらは遅れを取り戻そうと頑張っている(トゥウェンティワン)

I might pull up in a Ghost, no Casper (21)

たぶんオレは幽霊を引き払う、キャスパーなしに(トゥウェンティワン)

I been smoking gas and I got no asthma

オレはガスを吸って、ぜんそくはない

Chorus

I got 1-2-3-4-5-6-7-8 Ms in my bank account, yeah (on God)

オレの銀行の中に1,2,3,4,5,6,7,8億(800万ドル)あるぜ

In my bank account, yeah (on God)

オレの銀行口座の中に(ああ、神よ)

I got 1-2-3-4-5-6-7-8 shooters ready to gun you down, yeah (fast)

1,2,3,4,5,6,7,8人の銃撃犯がお前を撃つ準備ができたぜ、イェー(素早く撃つ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】b系 ヒップホップ ストリート系 ファッション メンズ レディース パーカー 【BS-TL-PA-001】 ブラックスラム BLACK SLAM clubno1z クラブノイズ anarchy アナーキー スウェット ダンス XL 2L LL 2XL 3L XXL 大きいサイズ 正規品 【楽ギフ_包装】
価格:6264円(税込、送料無料) (2017/11/10時点)

 

Big Shaq – Man’s Not Hot (MV)和訳

Who’s that?

誰だ?

Asnee …

アスニー…。

Yeah big man

ああ、オレはそうだ

Help your mom with shopping?

君のお母さんの買い物を手伝うだと?

Nah fam, I’m not about fam

いや、そんな場合じゃないよ

I’m in Miami bruv

オレマイアミにいるんだよ

Yeah You know man’s international now fam

オレが国際的に人気になったの知っているだろ

Check the statistics

つまらないデータでも見てなよ


Yeah yeah

ああ、ああ

Alright…

オーライ

Alright Soon come yeah?

大丈夫、すぐ来るから、な?

Aight

了解

You don’t know

お前は知らないさ

Skrrra pop pop!

スクゥゥゥゥラ ポッポップ!

Yo, Big Shaq, the one and only

ヨォ、ビッグ・シャク、1人だけさ

Man’s not hot

暑くない男は

Never hot

暑くなることはないぜ

Skrrat, skidi-kat-kat
Boom

スクゥゥラ スキディカッカッ

ボン


Verse 1

Two plus two is four,

minus one that’s thr­ee, quick maths

2+2=4-1=3 素早い計算だ

Everyday man’s on the block,

毎日あいつは売りに出してる

smoke trees

臭う草を

See your girl in the park, that girl is a uckers

公園にいるお前の女を見てみろよ、あの子は­舐めてくれるぜ

When the ting went quack-quack-quack,

銃がクウァ、クウァ、クウァって鳴った時は

you man were ducking

お前はひょいとかがんでいた

この場合duckは『ひょいとかがむ』という意味だが、
duck(ダック、あひる)とあひるの鳴き­声の『クウァ、クウァ』をワードプレーでかけた。

また、あひるが屈んでいるような動きをすることから。↓

Hold tight, Asnee, (my brudda),
he’s got the pumpy (big ting)

しっかりつかまれアスニー、(オレのブラザーよ)
彼は銃をもった­から(大きいやつ)

Hold tight, my man,(my guy)
he’s got the frisbee

しっかりつかまれオレの友達よ、(オレの仲間よ)
彼はフリスビーを持ったから

I trap, trap, trap on the phone, movin’ that cornflakes

電話しながら逃げられない状況に置かれた、ドラッグ­が入った袋を動かして

ここでいうコンフレークとは、ドラッグが入った袋のこと。確かに音が似てそうです

Rice Krispie, hold tight, my girl Whitney (my G)

ライスクリスピー、しっかりつかまって、オ­レの女のホイットニー (オレのギャングスタ)

ライスクリスピーはさっきのコンフレークの­こと。

ホイットニー・ヒューストンは薬物に苦しんでいたから、ホイットニーを­選んだというワードプレー。

On the road doin’ ten toes, like my toes

道で危険な状況から逃げる、オレの足指みた­いに

イギリスでは『ten toes(10本の足指)』に『­危険な状況から逃げる』という意味がある。

それと『オレの足指(my toes )』をかけたワードプレー。

You man thought I fr­oze, I see a peng gi­rl, then I pose (chilin’)

お前はオレが凍結したと思ったろ、素敵な女の­子を見たら止まるぜ(落ち着いているぜ)

If she ain’t on it, I ghost, hah,

その子がオレに興味を持たなくても、幽霊の­ように音をたてずに動くさ

look at your nose

お前の鼻を見ろよ

(check your nose, fam)

お前の鼻を確認してみなよ

[Fam:家族(family)の略だが、家族のように信頼している人に対しても使う。]

You donut,

お前はドーナッツ(バカなやつ)

Nose long like garden hose

庭のホースみたいに鼻がなげぇな


Chrous

I tell her man’s not hot

彼女にオレは暑くねぇって伝えるんだ

I tell her man’s not hot

女にオレは暑くねぇって伝えるんだ

The girl told me, “T­ake off your jacket”

彼女はオレに『コート脱げよ』って言って

I said, “Babes, man’s not ho­t” (never hot)

オレはこう言った
『ベイビー、オレは暑くない(イケてない)­から!』

(暑くなることはないぜ)

I tell her man’s not hot
(never hot) × 2

彼女にオレは暑くねぇって伝えるんだ

(暑くなることはない)

The girl told me, “T­ake off your jacket”

彼女はオレに『コート脱げよ』って言って

I said, “Babes, man’s not ho­t” (never hot)

オレはこう言った
『ベイビー、オレは暑くない(イケてない)­から!』

(暑くなることはないぜ)

いつもダウンコートを着ている­ビッグ・シャク。

ドラッグディーラーは天気がどうであれ、こ­のようなモコモコのコートを着ているようで­す。

hotには本来『(恋愛対象として)素敵』という意味がある。

この場合は『イケてる』と訳したが、
コートを着ていても『暑くない』と自分が『イケてない』をかけたかと。

Verse 2

Hop out the four-door with the 44, it was one, two, three and four

44ピストルを持って4つのドアから飛び降­りて、
ドアは1、2、3、4あったぜ

車のドアのこと。
ドア4つがあることから。

Chillin’ in the corr­idor,

通路でぞっとさせている

your dad is forty-fo­ur

お前の父ちゃん44歳

And he’s still calli­n’ man for a draw,
(look at him)

あとお前の父ちゃんがまだタバコ吸いに誰か­を呼んでいるなら
(父ちゃん見ろよ)

let him know

彼に知らせておいてくれ

When I see him,

オレが彼を見たら

I’m gonna spin his jaw (finished)

頬を殴って顔を回転させるぜ、って
(殴り終わった)

Take man’s Twix by force, (take it)

力ずくであいつのTwix(チョコレート)­を奪って、
(奪え)

send man shop by for­ce (send him)

力ずくであいつを店に行かせて(行かせて)

Your girl knows I’ve got the sauce, (flexin’)
no ketchup (none)

お前の女がオレがソース(情報源)をもって­いることを知ってるんだ、(見せつけているぜ)
ケチャップなしに(なし)

ソースとケチャップのワードプレー。

Just sauce, (saucy) raw sauce

ただのソースさ(ソースっぽく) 、生のソースさ

Ah, yo, boom, ah

あー、ヨー、ボン、あー

The ting goes skrrra­hh, pap, pap, ka-ka-­ka
Skibiki-pap-pap, and a pu-pu-pudrrrr-boom
Skya, du-du-ku-ku-du­n-dun
Poom, poom

銃は打ち放つ

ティンゴンスクゥゥウラ!!!!

パッパッカッカッカッ!!

スキリピッパッパッ!

ザプププドルゥーブン

スキヤ!

ドゥドゥククドゥンドゥ

プンプン

You dun know,

お前は知らないな


I tell her man’s not hot,

女にオレは暑くねぇって伝えるんだ

I tell her man’s not hot

女にオレは暑くねぇって伝えるんだ

The girl told me, “T­ake off your jacket”

彼女はオレに『コート脱げよ』って言って

I said, “Babes, man’s not ho­t”
(never hot)

オレはこう言った
『ベイビー、オレは暑くない(イケてない)­から!』
(暑くなることはないぜ)

Yo, man can never be hot
(never hot)

ヨー、オレは絶対暑くならない­ぜ!
(暑くなることはないぜ)

Perspiration ting, (spray that) Lynx effect (come on)

汗だ、(スプレーして)リンクスの効果(来い)

リンクスとはイギリスでいう8×4みたいな制汗剤のこと。

you didn’t hear me, did you? (nah)

お前オレのこと聞いていなかっただろ、違う?(聞いてなかった)

Use roll-on (use that), or spray

ロールオンの香水を使うか(使え)スプレーしな

But either way, A-B-C-D (alphabet ting)

でもどっちにしろ、A B C D (アルファベット)

[Refrain]
The ting goes skrrrahh, pap, pap, ka-ka-ka
Skidiki-pap-pap, and a pu-pu-pudrrrr-boom
Skya, du-du-ku-ku-dun-dun
Poom, poom, you dun know

ティンゴンスクゥゥウラ!!!!

パッパッカッカッカッ!!

スキリピッパッパッ!

ザプププドルゥーブン

スキヤ!

ドゥドゥククドゥンドゥ

プンプン

Outro

Big Shaq, man’s not hot

ビッグ・シャク、オレは暑くない

I tell her man’s not hot (never hot)

女にオレは暑くねぇって伝えるんだ

40 degrees and man’s not hot (come on)

40度で暑くない(カモン)

Yo, in the sauna, man’s not hot (never hot)

ヨー、サウナの中でも暑くない(暑くなることはない)

Yeah, skidika-pap-pap

イェー、スキディカッパッパッ

Big ShaqがMan’s Not Hotを解説!(和訳)