Juice WRLDが自身のMVに出演していた彼女と別れる

“Lucid Dreams”のMusic Videoにも出演していたJuice WRLDの彼女が、Juiceと別れたことを明かす。

『Jarad(Juice WRLDの本名)は私と別れたの。だから私は未だにシングルだと思うわ。彼のことが大好きなの』

と関係が上手くいかないまま別れてしまったよう。

彼女は”Lucid Dreams” のミュージックビデオでメイクを施して出演している。

テカシ69が末期ガンの5歳の男の子のファンに会い、寄付を呼びかけ

テカシ69がインスタグラムで以下のような投稿をした。

 

昨日パフォーマンスのあとに電話を受け取ったんだ。最後の願いがオレと会うことだという人間に…。

この立派な子どもはステージ4の脳の末期ガンを患っている…。

彼の心はとても純粋で、喜びに満ちている💔💔💔💔💔

数秒でこの子のことを好きになったよ。

 

昨日はお互いのことを知る時間をとって、ゲームをしたり、歌ったり…。

一緒に食べたり、笑ったり、たくさんのことを学んだ。

この大変な時に財政資金を使って助けるために、フランクリンの家族の毎月の家賃を1年間払うことができて光栄だよ。

オレたちはすぐに自分たちの人生を嫌い、不満を言い、何でもやることができるけど、この子供は昨日笑顔でいることができたんだ!!

フランクリンは、オレがこれ(人を助けること)をするのが大好きな理由なんだ。

このような瞬間はずっと忘れることができない。

もし2秒でも時間があるなら…オレのためにしてくれ…

フランクリンと彼の家族のために寄付してくれ…

この苦しんでいる時にフランクリンの家族が抱えている出費を全て賄うために…

1ドルが全てだよ。

ストーリーにリンクを貼るよ!

実際にストーリーに『フランクリンに寄付して』と書いて寄付のページのリンクを貼り、寄付を呼びかけた。

するとフランクリンの寄付ページは寄付サイトの中でトレンド(アクセス数や寄付数が特に多い状態)になり、投票してから20時間も経たないうちに、寄付の目標金額(日本円にて約222万円)を越えた金額(今この記事を書いている時点で日本円で約226万円の寄付金)が集まった。

Elijah Heaps – Last Year 日本語訳 和訳

Lil Peepにそっくり?の作風をもつElijah Heaps(エライジャ・ヒープス)

この度Twitter @さんが自ら翻訳してくださいました。

Elijah Heaps

Last year my life took a turn for the worse
去年俺の人生は悪い方向へ向かった

This year I swore I’d pull a fast one
この年俺は周りを置いてけぼりにすると違­­ったんだ

My peers don’t wanna do work
仲間は仕事を働きたくない

Most wanna take sho­­ts
もっとMVを撮りたい

Til they’re throwing up past drunk
あいつらは酔っ払ってばっかりなのを今日­­知った

Next year I’m calli­­ng all shots
次の年からは俺が全てを仕切った

Young baller won’t stop
成功者は止まらない

Til I’m living in a mansion
俺が豪邸に住んでいる事を今日知った

You know that music won’t stop
音楽は止まらない事を君は知っている

That money gone talk
その金は無くなった

Now baby put your hands up

手を上げなベイビー

I never wanted to hu­rt you
君を傷付けたくないんだ

But I feel like the last time I kiss yo­­ur face I’ll cry
でも君の顔にキスをするのは最後のような­­気がして俺は泣く

I always wanted to please you
常に君を喜ばせていたい

But now I think I’ve got this down
でも俺は今こう思っていると思う

Can’t stick around this empty town
この空っぽな街を出なければならない

I think I’ve got it figured out
俺は考えそう思った

Take my heart
私の心を奪って

And stay right here
そしてここに居て

I feel you in my at­­mosphere
俺の中で君を感じた

I know your soul wi­­ll stay alive
君の魂が生き続ける事を俺は知っている

So kiss me once and say goodnight
だから一度キスをして言った。おやすみ

SpaceMan Zack

Last year they didn­­’t want me
去年あいつらは俺を求めなかった

This year swear I’m done bein bummy
この年は周りからの見られ方を気にしない­­と誓った

Watch these motherf­­uckers try to ride my wave
クソ野郎共が俺の波に乗ろうとしているの­­を見た

I’m a lover boy put it straight to the grave
俺は良い男だ。真っ直ぐ墓に入れてやった

Girl fuck me in the basement
女は地下室でヤった

Girl your momma won­­’t say shit
君のママには言わない

Cause she hate me. But we don’t care
彼女は俺を憎んでいるからね。でも俺たち­­は気にしてない

Sing my songs while I’m playin with your long hair
長い髪を撫でながら俺の曲を歌う

You can be my cover girl, let’s live li­­fe in our own world
君は俺のカバーガールになれるよ。俺たち­­だけの世界で生きよう

Get a check for me spend it all on you
君に全てを費やせるか確認する

Let’s get out of th­­is place lemme count on you
俺にすべて任せてここから出よう

Last year my life took a turn for the worst this year I swe­­ar I’m blowing up
去年俺の人生は悪い方向へ向かった。今年­­俺は成長すると誓った

Fuck anyone who said they didn’t get it imma show you sum
クソ野郎共が誰も言わない何か(全て)を君に見せ­­よう

fuck a job we gon take over the world or sum
仕事はクソだ、俺たちでこの世界か何か(全て)を征服しよう

King Of The Dead 日本語訳 和訳

キング・オブ・ザ・デッド

『死の王』という意味

Verse 1

Ay pick up the pace,

テンポを上げるぜ

tell ‘em why I ain’t find no haze

何でオレがもうろうとしないのか、あいつらに言うんだ

Indeed I am ready, my outfit in vain

確かに準備はできている、無駄なオレの服

The needle in my vein,

ニードルがオレの静脈の中に

もしかしたら死刑の注射を表現しているかもしれないとのこと。

I’m falling asleep

オレは眠りに落ちる

King of the dead, I sever your head

死の王、オレがお前の頭を切断する

When shit touch the river, my reign will be fed

最低なやつが川を触った時、オレの支配が与えられる

I touch the sky and bring life to the dead

空にさわって
人生を死にもっていく

I watch my demons become super saiyan

オレの悪魔が超サイヤ人になるのを見るんだ

Hook

Oh, I’m not an orphan,

あ、オレは孤児じゃないよ

父親はXが5歳の時に刑務所に行き、肝心の母親はXの世話をを親戚に任せ、育児放棄をしていたこともあることから。

death is my importance

死はオレの重要なものだ

Rush, without a soul,

急ぐ、魂なしに

many will fold, feeling my bones

多くの人々は引き下がり、オレの骨を感じる

I say again

また言うよ

× 2

Interlude 合間

Found this out in Sweden, a while ago

ちょっと前にこれをスウェーデンで見つけたんだ、

It’s like, the more I explore the song, the more…

まるで、オレがもっと曲を探ると、もっと…

I explore different sounds, period

違うサウンドを探る、ピリオド。

It’s like the more I fall in love with making music

まるでもっと音楽を作ることに恋をしたみたいに

It’s nice, actually

素敵だね、実際に

Verse 2

I’m out my mind,

オレは気が狂って

see fear in your eyes

不安が君の目の中に映る

I’m sick, I despise myself again

病んでいる、また自分のことをひどく嫌うのさ

The tears never come,

涙が全く出てこない

my body is numb

体は麻痺して

I feel like a god amongst the men

まるで、この中でオレが神のような感じがする

Cut out my eyes,

オレの目を切り取って

feed me with lies that I don’t never have to see again

もう2度と見ることない嘘を与えてくれよ

I feed the hate,

オレは憎しみを与える

I feed the truth,

真実を与える

I give the pain to the youth

若者に痛みを与える

Fuck the devil for your wealth,

君の財産にとって悪魔はクソだ

pistol chilling on my shelf

オレの棚でピストルが冷えている

I control my own death,

自分自身の死をコントロールする

I don’t need no fucking help

オレは助けなんていらない

Outro

Found this out in Sweden

これをスウェーデンで見つけたんだ

The more I explore, the more I fall in love with the music I make

もっとオレが探ると、もっとオレが作った音楽に恋に落ちる

Trippie Redd – How You Feel 和訳

Chorus

Haven’t smiled in a while

しばらく笑っていないんだ

But yesterday was too wild

でも昨日は荒れ狂いすぎた

I guess I wanna know how, how you feel

オレは君がどう感じるか知りたいと思うんだ

Yeah, how you feel, yeah

あぁ、君がどう感じるか、あぁ

If you were here, be so proud

君がもしここにいたら、とても誇りだったよ

トリッピーは過去に車の事故で亡くした兄のOompのことについて話している。

この兄の死がきっかけで、音楽に集中するようになった。

頬にOomps Revenge(Oompの復讐)と彫っており、それを曲名にした新曲も今回のアルバムに収録された。

All my thoughts are so piled

オレの全ての考えがとても積み重なった

I guess I wanna know how, how you feel

オレは君がどう感じるか知りたいと思うんだ

Yeah, how you feel, yeah

あぁ、君がどう感じるか、あぁ

I’m tryna pour my heart out

自分の心の中を打ち明けようとしている

How the fuck I’m ‘posed to sound?

オレに(兄の声を?)聞くのは無理だ

I guess I’m tryna know how, how you feel

オレは君がどう感じているか知ろうとしていると思う

Verse

Like cookies to a girl scout

ガールスカウトが売るクッキーみたいに

アメリカのガールスカウトは活動費のためにクッキーを売っているよう。

アメリカガールスカウトのクッキーはマズイ。それでも凄く売れる理由

A nobody, a mushmouth

誰もこもった声で話す人はいない

I guess I’m tryna know how, how you feel

オレは君がどう感じているか知ろうとしていると思う

How you feel

君がどう感じるか

Bridge

How you feeling about me, feel × repeat

君はオレについてどう感じているんだ

(Chorus )

XXXTENTACION “SAD!” にまつわるエピソード

ツイートでBMWサンプリング 書く

あれは前の自分を壊したオレだ

みんな金髪と黒髪時代のオレを攻撃していた

この興味をそそるマグショットと一緒に

その出来事は、本当は自分は内なる素晴らしい人だと気づかせてくれたんだ

オレはその素晴らしい人格を壊して、悪いと理解される誰かに変わってしまったんだ

でもオレは内側(心)が悪い人間ではなかったんだ

オレは外見だけ悪い人間だったんだ