Juice WRLD ツイート日本語訳 20190101

『あいつらはオレの魂がほしいけど、オレの財産は欲しくないんだ、オレからそれを奪おうと悪魔のような強奪をしようとするけど、悪魔がオレに嘘をつくやり方がクレイジーなんだ』

Brazy→本来はcrazy。Bloods Gang(ブラッズ)の間でブラッズの頭文字のBを取って、brazyと使われるようになったことが始まり。

the way →やり方、方法、仕方

Lil Gnarが改名を予告?次回作は違う名前でリリース?

Lil GnarがTwitterとInstagramでこんな予告を。

最新ミックステープの “Gnar Lif3″が “Lil” Gnarとして今までリリースしてきた最初で最後のミックステープだと投稿。

“Lil”と強調していることから、Gnarだけになるのか、 楽しみだ。

最新作のタイトルは”Fire Hazard” になる予定。

 

Kodak Blackが故XXXTENTACIONについて曲を書く

Kodak Blackが獄中後に初めてXXXTENTACIONについて書いた曲を発表した。

Kodakが獄中後に初めてリリースした最新アルバムの『Dying To Live(ダイン・トゥ・リヴ=[生きるために死ぬ])』に収録されている『Malcom X. X. X』という曲で、Kodakは曲名の通りマルコムXのインタビュー音源をサンプリングしながら、XXXTENTACIONについて言及する曲になっている。

Xが撃たれて亡くなった時、Kodakは刑務所にいてXのお葬式さえ行けなかった。

また、Xは2018年1月にKodakが銃とマリファナの所持や自分の息子に対するネグレクト(ネグレクトの容疑はあとで取り下げられている)で再逮捕される前、Kodakが保護観察期間だったということもあり、Kodakに大人しくしてろと警告をしていたのだ。

Kodakが逮捕された後のXXXTENTACIONの投稿

『Kodakに警告をしたからオレはガッカリしている、でもKodakを解放して』

その警告を真剣に受け止めなかったKodakはインスタグラムのライブ中に、自分の3歳の息子の前で銃を持ったり、マリファナを吸ったりして再逮捕。

それから刑務所に入り、2度とXと会えなくなってしまったのだ。

もし、あの時Xの警告を真剣に受け止めていれば、Xと数ヶ月も話せないまま、お別れすることはなかったかもしれない。

そんなKodakの心境を書いた曲。重要な部分だけピックアップ。

Malcom X.X.X 一部和訳

Talkin’ to you like talkin’ to myself

自分に向けて話しているかのように、君(=X)に向けて話している

‘Cause it ain’t no gettin’ through to you, with all I swear

何故なら君に伝えることができないから、それは全て誓える

And I’ve been thinkin’ ‘bout you since I came to jail

刑務所に来たときからずっと君(=X)のことを考えていた

I’ve tried to reach out to you, but it was to no avail

君に手を伸ばそうと試したけど、もうできなかった

Guess it ain’t nothin’ else to do when we outgrew each other

オレたちがお互いの苦しみから逃れる時に、他にやることはないと思う

We hard down beefin’ like we never knew each other

まるでお互いを知ったことがないみたいにオレたちは激しくビーフしている

Kodakはこう言っているが、実際二人がビーフをしている姿を見ることはなかった。もしかしたら二人は裏でケンカをしていたのかもしれない

They tryna tell us put the bikes up and the guns down

あいつら(Xの殺人犯たち)はオレたちにバイクをよこして、撃つぞと伝えようとする

X was tryna buy a bike and he got gunned down

Xはバイクを買おうとして撃たれた

X was tryna change his life, but he got burned down

Xは自分の人生を変えようとしていたが、Xは撃たれた

X wasn’t ridin’ with no pipe so he got gunned down

Xは銃を備えて車を運転していなかったから、撃たれたんだ

また、余談であるがこの記事のタイトルの『故XXXTENTACION』という表現、実は私自身もとても嫌いで、まだまだ生きたかったXに『故』をつけたくなかったのだが、今回は記事の文字数の限度の関係上と、記事の内容の表現上、使う判断を下した。

transgreytest プロフィール Wikipedia

As known as

Grey, Greytest Ever, dizorter, Greytest

1994年生まれ。

小学5年生か6年生の時に公文で英語を始める。当時は中学での英語に備えるために始めた。

14歳の頃に当時聴いていたFM横浜がきっかけで洋楽にのめり込む。

当時学校ではいじめられ、家では常に母親から兄弟間で差別を受けながら受験勉強をしていたGreyにとっては、音楽だけが息抜きだった。

友達がろくにいなかったことから、音楽を聴くことや情報収集をして孤独を紛らわしていた。

15歳のとき、母親と上手くいかなかったことが原因で一人だけ祖父母の家に移住させられる。そこから高校に通うが部活や委員会もろくにやらせてくれず、家事の手伝いを強いられながら過ごす。

16、17歳の頃からTwitterを通じて英語で発信し始め、海外のユーザーと英語でチャットし始める。インターネットを使って英語を独学し始める。

高校3年生の時に精神的ストレスから患った摂食障害で高校を中退している。その後は衣料販売とアパレルで勤務。

18歳の頃からちょっとしたアーティスト情報の翻訳ブログを趣味でやるようになる。

19歳の時に初めて歌詞解説サイトのgeniusの存在を知り、日本語訳がネット上に存在しない曲の翻訳を自ら手がけるようになる。最初は自分のために翻訳していた。

2015年、初めて有料ブログで『Hopsin道場』という翻訳サイトを作り、宣伝なしでそこそこのアクセスを上げていた。

その後、サイトのメインであるHopsinの不祥事(ベビーママに養育費を払わずにネット上で元彼女であるベビーママを誹謗中傷してベビーママの仕事を業務妨害、またベビーママに対して犯罪予告をした。それによってそのディス曲から収入を得たこと)により、Hopsin道場を削除。Hopsinの和訳もネット上から削除したことに何も後悔はないという。

18~22歳の間に作ったブログはいくつかあったが、どれも現在では全て削除されている。

2017年にXXXTENTACIONに焦点を当て、はてなブログにて『XXXTENTACION 日本語訳』サイトを立ち上げる。最初はXのちょっとした情報を広めるつもりで軽い気持ちで始めたが、予想以上の反響を得て、本気で翻訳ブログをやることを決意。

2017年10月31日にtransgreytest.work を立ち上げる。

翻訳サイト歴は6年だが、ここまで多くの人から見られるサイトを作ったのは初めてだという。

2019年、自身の英語独学経験を綴ったYougotenglish.work をスタートさせる予定。

2019年の3月に通信制高校の卒業が決定。

Topics

現在の時点で海外に渡ったことは1度もない。接客業という職業上、まとまった休みが取れなかったことが原因だという。

13歳の頃からいじめや両親とのトラブルが原因で精神を患っており、今でも治療中。アダルトチルドレン、気分循環症、複数の人格障害などを患っており、精神障害手帳も交付された。

Lil Gnarが逮捕!Gnarの読み方と意味とは?

勘違いされて逮捕される

銃を販売していると通報されたGnarcotic(ナーコティック)は「銃器のディーラーやテロリストがいるわけではない」と投稿していた。

また、いたずらで通報した者に対し、「キャプションがつけられなくなった」とインスタグラムの投稿で規制がかかってしまったことを明かし、「もし君の心が閉鎖的か、本当のサポーターではないならフォローを外してくれ」と発信していた。

Lil GnarのGnar(ナー)の意味

ちなみにLil Gnarの読み方は「リル・ナー」である。

元々は『非常に危険な』という意味のGnarly(ナーリー)という単語を短縮した言葉。

スケート仲間の間でよく使われる言葉らしく、非常に危険で物怖じしないことという意味。

危険なことをするのが大好きなLil Gnarにぴったりの名前だ。

Gnarcoticの意味は?

Gnarcoticとはスケートの意味だそう。元々スケーターだったGnarにぴったりのブランド名である。

スケーター、デザイナー、ラッパーの3つを兼ねるLil Gnar。

この数日後、気づいたら釈放されており、とりあえず一安心だ。

Juice WRLDらがStingから脅され約1億円も奪われる

全米2位を記録したJuice WRLDの大ヒット曲である『Lucid Dreams』

Juice WRLD – Lucid Dreams 和訳

この曲のサンプリングの原曲である『Shape Of My Heart』を1993年に発表したStingがこの曲の売り上げの85%を得ていることがわかった。

プロデューサーのNick MiraはStingをディスる

“Lucid Dreams”をプロデュースした18歳のプロデューサーのNick Miraは、StingがJuiceとNickに対して、Lucid Dreamsから利益を得るための裁判を起こすと脅されたことを明かした。

今では削除したツイートで、Nickは 『@OfficialStingとStingの全てのチームはクソだ

『Stingはオレたちのお金でフレックスしていて、自分の孫たちに大学を卒業させると言った』

『みんな、もしお前がリアルならコメント欄でFuck @OfficialStingと書け』

と不満を吐いている。

おそらく今は脅されたから仕方なく利益の85%を上げている状況であろう。

Juice WRLDはポジティブに捉える

そんなJuiceはこのことについてほのめかすようにツイートし、インスタグラムでもそのツイートをシェアした。

View this post on Instagram

All ima say ..❤️❤️ love

A post shared by Juice WRLD 9 9 9 (@juicewrld999) on

『(日本円で相当)1億1200万円を失って、1億1200万円を作る…あの曲は不安定になるオレにとって、たくさんの人に良い方向でインパクトを与えてくれたんだ。いつも作られるより多くのお金があるし、そのようにお金を作るんだ❤❤️』

これは明らかにStingのことだろう。

有名曲をサンプリングしても利益はほとんど持っていかれる?

1995年のCoolioの大ヒット曲の『Gangsta’s Paradise』はStevie Wonderの曲をサンプリングしており、Stevieに90%の利益を渡すことで、サンプリングの許可が下りたようだ。

Stingは他のサンプリングされた曲でも金儲け?

StingはDiddyが1997年にBiggie Smallsの死について書いた曲『I’ll Be Missing You』で利益の100%を得ているようだ。

この曲はStingが1983年にバンド、The Policeで発表した大ヒット曲『Every Breath You Take』をサンプリングしている。

当時DiddyがStingにサンプリングの許可を一切取らなかったこともあり、4年前のデータにはなるが、Stingはこの曲の印税で1日当たり日本円にして約22万の印税を受け取っているようだ。

既に大ヒットした有名曲をサンプリングするとヒットしやすいのは確実なことである。しかし利益のほとんどをサンプリングを提供したアーティストに持っていかれてしまうと考えると、自分たちでオリジナルビートを作って流行らせた方が商業的には良い。しかしサンプリングに勝るほどの『1番最初に聴いた時の衝撃』をリスナーに与えられないのは事実だ。

Kodak Black – SKRT 和訳

Hook

Girl I’m done with you (With you)

ガール、君とは終わったよ(君とは)

Girl we done it’s through (Girl we done)

ガール、オレたちは終わったんだ、関係を終えて

(ガール、オレたちは終わったんだ)

I hit that nigga for the work (I finessed his ass)

俺は成果のためにあいつを襲うんだ
(彼から盗んだんだ)

Stick and move,

離れずついて行き、動いて

then I SKRT, SKRT, SKRT SKRT, SKRT

それからオレはスカー、スカー、スカー、スカー、スカー

本来『スカー』は車のタイヤが急に方向転換をしたり、速く止まった時に出る音をマネして表現した擬音語

(Ooh I’m gone)

オー、オレはいなくなる

What is up with you (What is up with you?)

君はどうしたんだ?

I thought I said I’m done with you
(I thought I said it’s over)

オレが君とは終わったと言ったと思った

(関係は終わったとオレが言ったと思った)

Fuck my school and fuck my teacher too

学校と先生もクソだ

(I will fuck you over)

君にひどい扱いをしてやる

Sniper on the roof,

狙撃者が屋上にいて

he playing peek-a-boo

彼はいないいないばあをしてる

狙撃者がこそこそ見え隠れしているという様子をいないいないばぁに例えた。

(He will knock you over)

彼はお前から盗むだろう

SKRT, SKRT, SKRT, SKRT, SKRT (I SKRT, SKRT)

スカー、スカー、スカー、スカー、スカー、スカー(オレはスカー、スカーする)

Jump in that Jag,

あのJag(イギリスの車)に飛び乗って

SKRT, SKRT, SKRT

スカー、スカー、スカー

(Ooh Kodak SKRT, SKRT, SKRT, SKRT, SKRT)

オー、コダック、スカー、スカー、スカー、スカー、スカー

SKRT, SKRT, SKRT, SKRT, SKRT

スカー、スカー、スカー、スカー、スカー

Verse

When I say keep the poker, I ain’t talking ‘bout no beans

オレがポーカー(銃)をキープすると言うときは、薬のことを話しているんじゃねぇ

Project Baby,

プロジェクト・ベイビー

プロジェクト・ベイビーとはKodakが2015年に出したミックステープのこと。

you know I got baby bottles full of lean

お前はオレがリーンで満たされている用をたすボトルを持っているのを知っている

下品な話で申し訳ないが、Baby Bottle自体がバイクで移動している時に用をたすボトルのことらしい。

Kodakも以前『リアルなニガは用をたすとき手を洗わない』とツイートしていたことから、汚いのに慣れているのかもしれない😰😫

I’ve been through so much of shit,

オレは多くのことを乗り越えてきたんだ

this shit’ll’ make a nigga sing

この辛いことがオレを歌わせるんだ

I remember rocking bugle boy,

オレはコカインをやる男の子が

now rock designer jeans

今はデザイナージーンズを履いているのを覚えているんだ

God dang,

くそ、

you just like my chain, you just like to swing

お前はオレのチェーンみたいで、お前はただ揺れるのが好きなんだ

チェーンが揺れることを比喩して。

It’s 1k,

1000ドルだ、

I got 22k and all my niggas bling

22000ドルを手にいれて、オレの仲間たちは見せびらかしている

Hit the club on them jiggas,

あいつらと一緒にクラブで薬やって

you know all my niggas geeked

オレたちが全員ハイになっているって知っているだろ

You would think I’m ‘bout to smack your bitch,

お前はオレがお前の女に音を立ててキスをするところだと思っただろう

I made her hit her knees

オレは彼女の膝を打たせるんだ

Met this plug,

このプラグ(ドラッグディーラーのコネ)に会って

I was talking ‘bout he put that thing on me

オレは彼がオレにつけたものについて話していたんだ

I finessed him,

オレは彼から盗んだ

ain’t got time to let you run no game on me

お前に業界を走らせる時間はオレにないんだ

Like i’m working out,

まるでオレが鍛えているみたいに

life done dropped a lot of weight on me

人生がオレに重量を落としたんだ

I’ve been busy,

オレはずっと忙しくしてて

I’ve been working hard so don’t you hate on me

オレはずっと懸命に働き続けているから、オレのことを嫌わないでくれ

You my dawg then just be my dawg

お前はオレの仲のいい友達だ、それからただオレの仲のいい友達でいてくれ

and don’t you change on me

あとオレを変化させないでくれ

Don’t you switch,

変えないでくれ

don’t you change on me,

オレを変化させないでくれ

no switching lanes on me

オレに通路を変えさせないでくれ

I was in that Jag,

オレはJagに乗っていたんだ

now I’m pulling up in that Range on me

でも今はあのRangeを止めている

I ain’t in no gang, but if you run up

オレはギャングの中にいない、
でももしお前が急いで走るなら

I’m gon’ bang homie (kodak let it spray)

オレは撃つぞ、親友(コダック、撃たせろ)

Hook x 1