Joyner Lucas – I’m Not Racist 和訳

ジョイナー・ルーカスの出世作。

この曲をラップしているのは実はこの方↓。MVには出てこない。

人種差別に非常に敏感になっている今の時代のアメリカを背景に書かれた曲、というよりスピーチに近い。

『この曲が人種差別を終わらせる!』というコメントもあり、非常に大きな反響を呼んでいる。

7分近く続くこの曲は白人による主張と、黒人による主張で展開されており、オレは人種差別主義者ではない』というフレーズが何度も出てくる。

ちなみに、ジョイナーは黒人と白人のハーフである。

白人の主張

With all due respect

失礼ながら

I don’t have pity for you black niggas, that’s the way I feel
Screamin’ “Black Liv­es Matter”

お前ら黒人ニガたちに同情はないよ、これがオレが『黒人の命の問題』と叫んでいる気持ちになる成り行きさ。

ニガ(nigga)とは黒人以外の人種は使ってはならない黒人に対する侮辱を意味する人種差別用語。

黒人が使うと自虐的な意味になるので、黒人は使ってもいいとされている。

All the black guys rather be deadbeats than pay your bills

全ての黒人は自分たちの請求書を払うより死体になる方がマシ

Yellin’ “Nigga this” and “Nigga that”

『ニガ、これ』 『ニガ、あれ』と叫んで

Call everybody “Nigg­a” and get a nigga mad

みんなを『ニガ』と呼んで、黒人を怒らせる

As soon as I say “Ni­gga” then everyone react

オレが『ニガ』って言うとすぐみんなは反応して

And wanna swing at me and call me racist

オレを激しく批判したくなって、オレのことを人種差別主義者と呼ぶ

‘cause I ain’t black

オレが黒人じゃないからだ

Well pound that then
Talkin’ about slavery like you was around back then

相当オレの頭に叩き込み、まるでお前がその時奴隷の周りにいたみたいに奴隷について語る

Like you was pickin’ cotton off the fuck­in’ ground back then

まるでお前がその時地面から綿花を摘んでいたみたいに

アメリカの奴隷制度時代では、黒人の奴隷に綿花を収穫させていた。

Like you was on the plantation gettin’ down back then

まるでその時お前が栽培場にいて、かがんでいたみたいに

Aight, look

わかった、見ろ


I see a black man ai­min’ his gun

オレは黒人の男が自分の銃を向けているのを見た

But I’d rather see a black man claimin’ his son

でも黒人の男が自分の息子を要求しているのを見る方がマシなんだ

黒人の父親は自分の子供を見捨てる父親が多いことから。

And I don’t mean just for one day and you done

ある日お前がやったという意味ではないんだ

I mean, you still tr­apped in a rut

お前はまだ決まったやり方にとらわれているという意味だ

And I work my ass off and I pay my taxes for what?

オレが必死に働き、何のために税金を払うんだ?

So you can keep livi­n’ off free governme­nt assistance?

だからお前は無料の政府の援助で生活しているのか?

Food stamps for your children, but you’re still tryna sell ‘em
For some weed and so­me liquor or a fucki­n’ babysitter

While you party on the road

子供に充てるフードスタンプをタバコと酒と、ベビーシッターを雇うために、路上でパーティーしている間にお前はまだそれを売って換金しようとしている

フードスタンプとはアメリカの低所得者に配られる食費補助券である。

フードスタンプでは酒やタバコなどの嗜好品が買えないため、換金しようとする者もいるらしい。

‘cause you ain’t got no fuckin’ goals?

お前には目標なんてないからという理由で

You already late
You motherfuckas nee­da get your damn pri­orities straight

お前はいつも遅い、お前らクソ野郎は優先事項を整理する必要がある

Wait, it’s like you’­re proud to be fake

待て、まるでお前は偽者でいることを誇りに思っているみたいだ

But you lazy as fuck and you’d rather se­ll drugs Than get a job and be straight

でもお前はすげぇ怠けていて、仕事を得て合法でいるより、薬を売った方がマシなんだろ

And then you turn ar­ound and complain ab­out the poverty rate

それから振り向いて貧困率について愚痴るんだ

Fuck outta my face!

オレの目の前から消え去れ!

You can’t escape pro­blems

お前は問題から逃げられないんだ

You can pray for some change but can’t break a dollar

お前は変化のために祈ることはできるが、ドル札を崩すことはできない

Got nobody else to blame, so you blame Donald

誰も責めるやつがいないから、お前はドナルド・トランプを責める

“They fuck the world with a Make America Great condom”

「あいつらは『アメリカを偉大なコンドームにしろ』というスローガンとともに世界を壊す」

これはトランプ大統領がMake America Great Again 『アメリカを再び偉大な国にしよう』というスローガンをもじって皮肉ったもの。

My voice been back

オレの声が戻ってきた

I’m not racist, my sister’s boyfriend’s black

オレは人種差別主義者ではない、オレの姉妹の彼氏は黒人なんだ

I’m not racist, my sister-in-law’s baby cousin Tracy
Got a brother and his girlfriend’s black

オレは人種差別主義者ではない、オレの姉妹の法律上の子供のいとこのトレーシーに兄弟がいて、トレーシーの彼女は黒人なんだ

My head’s in the clo­ud

オレの頭の中は上の空

Heard there’s not en­ough jobs for all the men in your house

お前の家の中の男が全員十分な職についていないと聞いた

Maybe we should build a wall to keep the Mexicans out

多分オレたちはメキシコ人を排除し続けるのに壁を建てるべきだ

トランプ大統領がメキシコからの不法移民がアメリカに入国するのを防ぐために、アメリカとメキシコの国境との間に『壁を建てろ』と政策を立てている件から。

Or maybe we should send ‘em all to the ghetto for now

またはおそらくオレたちは今そのメキシコ人を全員スラム街に送還すべきだ

I’m not racist, and I never lie

オレは人種差別主義者ではない、オレは絶対に嘘をつかない

But I think there’s a disconnect between your culture and mi­ne

でもお前の文化とオレの文化との間に相違点があると思うんだ

I worship the Einste­ins, study the Steve Jobs

アインシュタインを崇拝し、スティーブ・ジョブズを勉強する

But you ride 2Pac’s dick like he was a fuckin’ god, oh my go­d!

でもお前は2pacが超神だったみたいに2pacに崇拝して、なんてことだ!

And all you care abo­ut is rappin’

あとお前が気にしていることはラップのことだけ

And stuntin’ and bein ratchet, and that’s the nigga within you

見せびらかしてグリルを詰め、お前の中に「ニガ」はあるんだ

Music rotting your brain and slowly start to convince you

音楽はお前の脳ミソを腐らせ、ゆっくりとお前を納得し始める

Then you let your ki­ds listen and then the cycle continues

お前は自分の子供にも音楽を聴かせ、サイクルを継続させる

今流行りのラップミュージックには薬物や女性蔑視など、教育によくない内容の曲があり、頭を腐らせ、子供にも悪影響を与え、悪循環を繰り返してしまうということ。

Blame it all on the menu, blame it on th­ose drinks

全てをメニューのせいにし、こういう飲み物のせいにし

Blame it on everybody except for your own race

お前の人種いがいの全てのみんなのせいにし

Blame it on white pr­ivileges, blame it on white kids

白人の特別扱いのせいにし、白人の子供のせいにし

And just blame it on white citizens, same with the vice pres­ident

ただ白人の国民のせいにし、ヴァイス副大統領と同じだ

Bunch of class clowns

大勢いる階級のバカども

Niggas kneelin’ on the field, that’s a flag down

黒人たちが競技場に膝まずいていることは、ペナルティの旗が下がることだ

How dare you try to make demands for this money?

よくもお前はこの金から要求をしようとすることができるな

You gon’ show us some respect, you gon’ stand for this count­ry,nigger!

お前はオレたちに尊敬の意を示すだろう、お前はこの国のために立ち上がるんだよ、ニガ!


I’m not racist

オレは人種差別主義者でない

I’m just prepared for this type of war

オレはこういう争いの準備はできているんだ

I heard Eminem’s rap at the awards, who’s he fightin’ for?

エミネムのラップをBETで聞いたんだ、エミネムは誰のために戦っているんだ?

Eminem – The Storm (BETサイファー)和訳

Y’all can take that motherfucker too, he ain’t white no more

お前らはくそ野郎と受けとることもできるだろう、もはやエミネムは白人ではないんだから

エミネムが黒人の味方をしていると意味で、『もはや白人ではないんだから』と言っている。

It’s like you wanna be so famous

お前が有名になりたいみたいなさ

You’ll do anything for attention and a little payment

注目を得るためと少しの報酬のためにお前は何でもやるだろう

I can’t take you now­here without people pointin’ fingers

人々がお前に中指を向けることなく、お前をどこかに連れていくことはできない

Pants hangin’ off yo­ur ass, you ain’t got no home trainin’?

腰パンして、お前は家でしつけを受けていないのか?

Put your fuckin’ pan­ts up, nigga!

ズボンを上げろよ、ニガ!

Put th­at suit back on!

スーツに戻せよ!

Take that du-rag off!

ドゥーラグを取れよ!

↓この水泳帽みたいなものがドゥーラグ。

Take that gold out your mouth!

グリルを口から取れよ!

Quit the pitiful stu­ff
And then maybe police would stop killin’ you fucks

痛ましいことはやめな、おそらく警察がお前らを殺すことをやめるだろうから

Yo, what the fuck?!

ヨォ、何だこれ?


I’m not racist

オレは人種差別主義者ではない

It’s like we livin’ in the same buildin’ but split into two floors

まるでオレたちは同じ建物の中に住んでいるのに、1階と2階で分けているみたいだ

I’m not racist

オレは人種差別主義者ではない

But there’s two sides to every story, I wish that I knew you­rs

でも全てのストーリーには2つの側面があるんだ、オレがお前らのストーリーを知っていたらなと願う

I wish that I knew yours

オレがお前らのストーリーを知っていたらなと願う

I’m not racist, I sw­ear

オレは人種差別主義者ではない、誓うよ

黒人の主張

With all disrespect

失礼ながら

I don’t really like you white motherfuck­ers,

オレはお前らの白人のクソ野郎が本当に好きじゃない

that’s just whe­re I’m at
Screaming “All Lives Matter”
Is a protest to my protest,

これがオレが『黒人の命の問題』と叫び続けている立ち位置で、オレの抗議のための抗議だ

what kind of shit is that?

それはどういうものだ?

And that’s one war you’ll never win

それがお前が勝つことのない戦争さ

The power in the word “Nigga” is a diffe­rent sin

『Nigga』という言葉の中の力は異なる罪だ

黒人がNiggaと言った場合と、白人がNiggaと言った場合では罪と見なされる重さが違う。

We shouldn’t say it but we do, and that just what it is

オレたちは言うべきではないけど言っている、それが現実だ

But that don’t mean that you can say it just ‘cause you got nigga friends

でもお前に黒人の友達がいるからって、言っていいという意味ではないんだ

Nigga, that word was originated for you to keep us under

ニガという言葉はオレたちを大人しく抑えるために生じた言葉なん

And when we use it, we know that’s just how we greet each ot­her

オレたちがその言葉を使うときは、オレたちがお互い挨拶する方法だと知っているんだ

And when you use it, we know there’s a double meaning under

オレたちが使うときは、2つの意味があることをオレたちは分かっているんだ

And even if I wasn’t picking cotton phys­ically

例えオレが綿花を詰む肉体労働をしていなかったとしても

That don’t mean I’m not affected by the history

それはオレが歴史によって影響されていないという意味ではないん

My grandmomma was a slave, that shit gets to me

オレの祖母は奴隷だった、それがオレをイライラさせるんだ

And you ain’t got no motherfucking sympa­thy, you pussy nigga!

お前には同情なんて何もない、お前は女々しい野郎!

I’m sorry you can ne­ver feel my life

お前がオレの人生を2度と味わうことができなくて残念だよ

Tryna have faith, but I never felt alrig­ht

信頼を得ようとしても、大丈夫だと1度も思えなかった

It’s hard to elevate when this country’s ran by whites

この国が白人によって回っている時、地位を上げるのは大変なんだ

Judging me by my skin color and my black­ness

オレの肌の色とオレの黒さでオレを判断する

Tryna find a job but ain’t nobody call me back yet

仕事を見つけようとするけど、誰もオレに採用の電話は折り返しかけてくれないんだ

Now I gotta sell dru­gs to put food in my cabinet

今オレは食べ物を棚に置くために薬物を売らなきゃいけない

You crackers ain’t slick, this is all a part of your tactics

お前らクソな白人どもは器用ではない、これは全てお前らの戦略の一部だ

Don’t talk about no motherfucking taxes
When I ain’t making no dough

オレが金を作っていない時にクソな税金の話はするな

You think you know everything but you do­n’t

お前は全てを知っていると思っているが、そうではないんだ

You wanna copy our slang and everything that we know

お前はオレたちのスラングと、オレたちが知っている全てをマネしたいんだ

Tryna steal black cu­lture and then make it your own, whoa

黒人の文化を盗もうとして、自分のものにしようとするんだ、わぉ

Fuck, I’m exhausted

くそ、オレは疲れきったよ

I can’t even drive without the cops tryna start shit

警察がくそなことを始めることなしにオレは運転できないよ

黒人が車を運転していると、警察が車を止めさせ、話を聴取することが多い。

ひどい時にはこういうことも。

I’m tired of the sys­tematic racism bulls­hit

計画に沿った人種差別のくだらないことには疲れた

All you do is false shit, this the shit that I’m forced with

お前らがやることは全て間違ったことで、これはオレが強いられたことだ

And you don’t know shit about my people, that’s what bothers you

お前はオレたちについてクソなことを知らない、それがお前を悩ませているものだ


You don’t know about no fried chicken and no barbecue

お前はフライドチキンとバーベキューについて知らないし

フライドチキンもバーベキューも黒人が好きな典型的な食べ物だそう。

You don’t know about the two-step or no loose change

お前はツーステップについても知らないし、ルーズ・チェンジについても知らない

ツーステップはHip-hopダンスのこと。

ルーズ・チェンジは黒人のディスコグループ。

You don’t know about no 2 Chainz or no Kool-Aid, you don’t know!

お前は2 Chainzもクールエイドについても知らねぇんだ!

クールエイドはアメリカの原色の粉末飲料。黒人が好きという典型的なイメージが世間にあるようだ。

つまり、ここでは『黒人の文化についてお前は知らねぇんだ!』と白人に対して主張している。

And even though Bara­ck was half as black

あとバラク・オバマでさえ、黒人のハーフだった

元オバマ大統領は黒人と白人のハーフであった。

You hated president Obama, I know that’s a fact

お前はオバマ大統領を嫌っていた、オレはそれが事実だって知っているんだ

You couldn’t wait to get him out and put a cracker back

お前はオバマを追い出して、クソな白人(トランプ)を引き戻すのが待ちきれないんだろ

Cracker(クラッカー)はniggerの反対語で、黒人が白人に対して使う白人差別用語。
本来は『貧乏な白人』という意味。

And then you gave us Donald Trump and now it’s payback for that

その後お前はオレたちにドナルド・トランプをよこし、今ではそれの仕返しだ

I’m not racist, I ne­ver lied

オレは人種差別主義者ではない、オレは嘘をついたことはないんだ

But I know there’s a disconnect between your culture and mine

でもオレはお前の文化とオレの文化の間にズレがあるのを知っているよ

Yeah, I praise 2Pac like he was a fuckin’ god

あぁ、オレは2pacがまるで超神だったかのように称賛するよ

He was fighting for his life way before he fuckin’ died, nig­ga, die nigga!

2パックは死ぬまで自分の人生のために戦っていたんだぜ、死ねまでだぜ!

And all you care abo­ut is money and power

お前が気にしていることは金とパワーだけ

And being ugly and that’s the cracker wi­thin you

ブスでいることと、クソな白人はお前の中にいるんだ

Hatred all in your brain,

憎しみは全てお前の頭の中にある

it slowly start to convince you

その憎しみはお前をゆっくりと説得し始める

And then you teach it to your children until the cycle conti­nue

このサイクルが続くまで、お前の子供にもそれ(憎しみ)を教えるんだ

Blame it on Puerto Rico,

プエルトリコのせいにし、

blame it on OJ

O・J・シンプソンのせいにし

O・J・シンプソンとは自身の元妻と友人を殺したアメリカの元フットボール選手であり俳優。有名人が犯した殺人事件ということで、90年代に世界中の注目を集めた。

Blame it on everybod­y,
except for your own race

お前の人種以外のみんなのせいにし

Blame it on black ni­ggas and blame it on black citizens

黒人のせいにし、黒人の国民のせいにし

Aim at the black bus­inesses,

黒人のビジネスを標的に狙い

I ain’t say­ing I’m innocent

オレは悪くないって言ってない

But, I might be any day now

でもオレは今すぐにでも罪を犯した人になるかもしれない

Treatin’ everybody how you want and any way how

みんなをお前が誰かに扱われてほしい態度で扱え、何らかの方法で

I swear North Korea ‘bout to bomb us any day now

北朝鮮は今にもオレたちに爆弾を落とす直前だと断言するよ

And now I’m duckin’ everytime I hear a fuckin’ plane now, sh­it

今オレが飛行機の音を聞いたら毎回隠れるさ、くそ

You know I make a lot of sense but you just can’t admit it

オレは大いに納得がいくってお前は知っているだろ、でもお前はそれを認めたがらないんだ

When Eminem went aga­inst Trump, that was the illest

エミネムがトランプに反対したのは、一番ヤバかった

Eminem – The Storm (BETサイファー)和訳

‘Cause even though he’s white, he let us know he standin’ wi­th us

例え彼が白人でも、エミネムはオレたち黒人に、オレたちと一緒に立ち上がっているということを知らせてくれるからだ

I’m not racist, but I cry a lot

オレは人種差別主義者ではないけど、すごく泣いているよ

You don’t know what it’s like to be in a frying pot

人種のるつぼ(揚げ物のお鍋)の中がどんな感じかお前にはわからない

人種のるつぼを英語では『melting pot メルティン ポット』といい、これをねじ曲げて『frying(揚げている) pot フライン ポット』にした。

つまり、人種のるつぼの中で争いが起きているという意味を込めて『frying pot』にしたのだ。

You don’t know what it’s like to mind yo­ur business

余計なお世話をするのがどういうことかお前はわからない

And get stopped by the cops and not know if you ‘bout to die or not

警察に止められて、死ぬか生き残れるかわからないのが、どういうことかお前は知らない

You worry ‘bout your life, so you take mine

お前はお前の人生について心配している、だからお前はオレの人生を奪うんだ

白人は白人の身の危険について心配している。

だからこそ白人の警察は黒人を疑い、黒人を射殺するのだろうと。

I love you but I fuc­kin’ hate you at the same time

お前のことは大好きだけど、同時にすごく嫌いなんだ

I wish we could trade shoes or we could change lives

オレたちが靴を交換するか、人生を変えられたら

So we could understa­nd each other more but that’d take time

オレたちはお互いのことをもっと理解できるようになれるけど、それには時間がかかる

I’m not racist

オレは人種差別主義者でない

It’s like we livin’ in the same buildin’ but splittin’ the both sides

まるでオレたちは同じ建物の中に住んでいるのにお互いの局面で隔てているみたいだ

同じ国に住んでいるのに、お互いの肌の色やバックグラウンドで白人と黒人で境界線を引いているみたいだ、と。

I’m not racist

オレは人種差別主義者でない

But there’s two sides to every story and now you know mine

でも全てのストーリーには2つの局面があって、今お前はオレのストーリーを知るんだ

Outro

Can’t erase the scars with a bandage

包帯で傷は消せない

I’m hopin’ maybe we can come to an under­standin’

もしかしたらオレたちが理解できる時がくると願っている

Agree to disagree, we could have an unde­rstandin’

否定するために賛成し、オレたちは理解できたかもしれない

I’m not racist

オレは人種差別主義者ではない